【全日本総合2020】「最後まで自分のやりたいことをやるには、フィジカル的な部分がもう少し必要」(山口)決勝/選手コメント-1

12月27日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)最終日は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの決勝戦が行なわれた。ここでは、女子シングルスで準優勝となった山口茜のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

山口茜
(再春館製薬所)

決勝結果:奥原希望(太陽ホールディングス)に1-2で敗戦

決勝は1ゲーム目から攻めるところと、しっかりラリーするところのメリハリをつけました。我慢しながら攻めるプレーがある程度できて、うまく試合を運べていたかなと思います。2ゲーム目の中盤や終盤、それにファイナルゲームのリード後のインターバル明けは、少し急ぐというか、点数を欲しがって、無理にいったのはもったいなかったです。奥原さんのラリーの精度が高くて、自分が攻めにいく展開をつくることが難しかった。本当の本当の最後まで自分のやりたいことをやるためには、スピードや持久力、フィジカル的な部分がもう少し必要なのかなと思います。

今日は結構、攻撃するところとラリーするところのメリハリ、自分の中での緩急のつけ方を意識して入りましたが、それができた部分と、できなかった部分があります。まずは試合を通じて、それを100パーセントできるようにフィジカル、メンタルを作っていけたら。ネット前の勝負が少なくて、終盤になるにつれてミスを怖がって攻めにいくことが難しかったので、もう少しコートの幅、奥行きを使ってプレーできればなと思います。

これまでの全日本総合では、決勝まで全部ストレート勝ちでも、納得できる形で進められたことがほとんどありませんでした。ただ、今回は勝てると思われる選手にしっかり勝つことができたのは、成長したところかなと思います。あとは、今日みたいに最後、18-20からデュースまで持っていけたのは、気持ちの面で、いろいろ感じることが多くて……。こうやって試合ができることに関して準備や協力、理解をしてくれるたくさんの人の思いに応えるという気持ちを、そこで見せることができたのかなと思います。

この一年は、地元の熊本では水害があったり、“当たり前のことが当たり前じゃない”とすごく感じた一年でした。その中で、ボランティアに行かせていただいたりして、大変な状況の中でも、応援してくださる方がたくさんいて…。自分のことだけではなく、助け合いながら生活している人がたくさんいる。この大会もそうですが、バドミントンをするにあたっても、生きていく上でも、たくさんのサポートがある。こうやって好きなバドミントンをさせてもらえているので、いろんな形で応えていきたいというのを、より感じた一年でした。

今日はしっかり、自分の持っている力は出せたかなと思います。その中で、足りなかったところ、よかったところがたくさんあると思う。しっかり練習して、1月からワールドツアーが再開予定なので、そこでまた、より成長したプレーが出せるようにしていきたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/27
■関連キーワード

            

人気記事ランキング