【全日本総合2020】「一球一球の質の大事さを痛感しました」(金子)決勝/選手コメント-2

12月27日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)最終日は、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの決勝戦が行なわれた。ここでは、混合ダブルスを戦った選手のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

金子祐樹(奥)/松友美佐紀
(日本ユニシス)

決勝結果:渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)に0-2で敗退

金子 点数も点数なので完敗なんですが…。全体的にシャトルが飛ばない中で、1ゲーム目は長いラリーが多くなり、僕の後ろからの攻撃が淡白になってしまった。それが点差が開いてしまった要因かなと思います。第2ゲームはある程度やりあえているラリーは多かったですが、質の悪くなったショットに対して攻め込まれた展開がほとんどでした。普段一番練習している相手だったので、普段のイメージを持ちつつ、本番と練習は違うというのは自分でもわかってはいたので、自分でもイメージしていたんですけど……。

今日試合をしている中で、一球一球の質の大事さを痛感しました。ラリーにはなるけど、(相手は)僕の球出しが一球でも甘くなったのを一発で確実に決めてくることが多かったです。

松友 悔しいですけど、ここからさらにもっともっと頑張っていこうと思いました。世界で戦えるようなペアになっていきたいと思っているので、もっともっとさらに練習しないと難しいと思っています。たくさん練習して、もっともっと強くなっていきたいと思います。

この大変な状況の中で、試合がやれるのは幸せなことだと思います。練習が再開できるようになってからも、いろいろな方が協力して毎日練習できました。自分たちはバドミントンをやらせてもらって、あらためてありがたいなと感じています。試合をさせていただけたことも、感謝の気持ちでいっぱいです。

(今後の目標として)2022年に日本で開催される世界選手権は、ひとつの目標でもあります。個人としては世界選手権でいい成績を残していない。世界選手権で一度いいプレーをしたいというのはあります。ただ、今は毎日毎日をどれだけ積み重ねていけるかだと思っているので、その先に国際大会に出て、世界の選手と戦える選手になれるように、2人で毎日積み上げていけたらなと思います。

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/12/27
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング