【全日本総合2020】「話し合って、イメージ通りに初戦ができた」(東野)24日/選手コメント-10

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、混合ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

渡辺勇大(左)/東野有紗
(日本ユニシス)

2回戦結果:井上拓斗/岩永鈴(日本ユニシス)に2-0で勝利

渡辺 長くなるゲーム、我慢するゲームだというのは予想していました。羽根が飛んでくれたので、僕たちとしては作戦が立てやすくて、2人で省エネで決めにいくラリーなど、緩急をつけながらゲームを組み立てることができたと思います。

ミックスに関しては今日が初戦。まだよくなっていくなと感じていました。試合でのコンビネーション、ローテーションは少し気持ちの面も含めて変わってくると思うので、試合の中で修正していって、優勝に結びつけられればなと思います。大会に出ていますので、4連覇をめざしてやっていきたいですし、2人で力を合わせて、力を出し切れればいい大会になるかなと思います。

東野 私は初戦だったのですが、そんなに緊張もなく、勇大くんと話し合ってコートに入れました。ユニシス同士の対戦でしたけど、勝ててホッとしています。自分がやるべきことは前での勝負だと思うので、そこで負けないようにするのと、球を沈めることを意識して、今のゲームは入りました。

すごく久しぶりの試合だったので、すごく楽しみでした。勇大くんとも試合が近くなるにつれてすごく話し合っていたので、そのイメージ通りに初戦はできました。(金子/松友ペアは)自分たちより上だと思っているので、自分たちはそこで負けないように、そこは意識してやっていきたい。でも自分たちがトップでやってきたという意識はないので、先輩を倒せる様に頑張りたいと思います。

金子祐樹/松友美佐紀
(日本ユニシス)

2回戦結果:緑川大輝/齋藤夏(ACT SAIKYO)に2-1で勝利

金子 1ゲーム目は本当に相手の得意な展開でずっといってしまった。リードはしてましたが、1点や2点のリード。相手も気持ちを切らさずについてきて、最後はどっちに転がるかわからないような展開で負けてしまった。2ゲーム目以降は、自分たちの得意な形に少しずつ持っていけたのが勝てた要因かなと思います。自分たちは特別パワーがあるわけでも、スピードがあるわけでもない。どちらかというとシャトルコントロールだったり、技術の方で勝負するペアだとは思っています。でも、松友さんの経験値があるので、前衛で勝負してもらって、チャンス球が上がってきて僕が決めるという場面もあります。これから強みは見つけます。

松友 ちょっとずつ良くなっているとは思ったので、1ゲーム目を取られて、どんどんやっていくしかないと。少しずつプレーもよくなってきた。1ゲーム目、全体的にちょっと相手に合わせてしまった部分はあったと思うので、そのなかで段々、自分たちのリズムでできるようにはなっていったかなと思います。(自分たちは)コレ、というのがないのが良いところだと思います。勝負を楽しんでいけるというところが一番、本当にいいところだと思うので、しっかり頑張ります。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/25

人気記事ランキング