【全日本総合2020】「今年は何がなんでも勝ちたい」(髙畑)24日/選手コメント-11

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、女子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

櫻本絢子(右)/髙畑祐紀子
(ヨネックス)

2回戦結果:大竹望月/髙橋美優(日本ユニシス/青森山田高)に2-0で勝利

櫻本 出だしが大事だったので、自分たちのペースでできたのがよかったかなと思います。去年と同じところで同じ相手(志田/松山)に当たるのは、去年のリベンジができるチャンスが私たちにある。でも、そこで気負いすぎないで、自分たちのプレーを出し切ることが結果につながると思うので、まずはその準備をしたいです。相手はスピードが速いペアなので、引いたらダメだと思う。そこをうまく利用して、自分たちの球回しができたらいいのかなと思います。

髙畑 相手はひたすら打ってくる相手だったので、しっかり余裕をもってレシーブからつくっていけたらと思って臨みました。準々決勝は、去年と同じカード。去年は接戦で負けて、とても悔しい総合でした。今年は何がなんでも勝ちたい。ただ、あまり去年のことを考えすぎずに、目の前の相手をしっかり考えて戦いたいなと思います。

(志田/松山は)タッチが速くて、勢いに乗らせてしまうと、最後までそれが持続するペア。自分たちは自分たちのプレーを出せれば点につながっていくので、そこだけ意識してやりたいですね。

大竹望月(奥)/髙橋美優
(日本ユニシス/青森山田高)

2回戦結果:櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)に0-2で敗戦

大竹 とても悔いが残る試合でした。2人で組んで練習する機会が少ない中で迎えた大会でしたが、その中でも、もっとできたことがあったかなと思います。同じB代表でも、格上なのはわかっていたけど、もっと点数は取れたかなと。相手に決められた部分もありましたが、自分たちがミスをして点数をあげる場面が多かったのが…。ダブルスは我慢が必要なのに、そこがまだまだ。これからもっと長いラリーに対応できる体や体力づくりを頑張りたいです。

今年からB代表に入って、結果を出したい焦りもありました。でも、それがケガにもつながってしまうと思うので、今後は焦らずゆっくり、2人で地道に課題に取り組んでいきたいです。

髙橋 今年からB代表に選んでもらったのに…情けないです。去年、福島先輩と準々決勝で対戦させてもらった時に、すごく差を感じて。とても悔しい思いをしたので、今年こそはと思っていました。でも、コロナの影響で6カ月くらい一緒に練習できてなかったぶん、コート内での不安につながって自信をなくしてしまったところも…。藤田(真人)先生と一緒に練習する時間も少なくなり、高校最後の試合でベンチに入ってもらったのに……悔いが残ります。

このレベルになれば簡単に決まらないのは当たり前。それなのに、点数が離れたときに焦って決め急いで、コースをねらい過ぎてミスをしてしまいました。緊張もありましたが、経験値の違いも出ていたような気がします。

B代表に選んでもらったことで、結果だけを求めて焦っていた部分もありました。今大会はケガもあったりしたけど、いろんな経験を積むことができたと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/25

人気記事ランキング