【全日本総合2020】「自分たちのプレーのいいイメージで入るようにすごく意識した」(福島)24日/選手コメント-12

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、女子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

福島由紀(左)/廣田彩花
(丸杉Bluvic)

2回戦結果:上杉夏美/鈴木成美(明治大)に2-0で勝利

福島 第1ゲームはミスが多かった。打ちすぎていたので、それだけではなくて相手を動かすことを意識したらタイミングも合ってきて、1ゲーム途中からしっかり立て直すことができました。国内では久しぶりの試合。入り方が大事なので、デンマークOPのように自分たちのプレーのいいイメージで入るように、すごく意識したところです。(以前よりスマッシュが速くなった?) 一昨日とはシャトルも違うので、球の速さも違ったかも……ただ、試合がない間トレーニングをやってきましたので、それが発揮されたかもしれません。

廣田 1ゲーム目は体をしっかり使えていないところがありましたが、途中からなんとか修正できました。明日もしっかり準備して、自分たちらしいプレーができればいいと思います。チームが変わり、男子選手に打ち込んでもらうことも多くなり、速い球を受けているので、女子ダブルスではあまり怖さを感じず、自信を持ってレシーブができています。デンマークOPで試合感覚はある程度つかめていましたが、そこからも間隔が空いたので、試合をしながらつかんでいくしかないのでは。ただ2試合やって、徐々に感覚はつかめてきました。

星千智/松田蒼
(日本ユニシス)

2回戦結果:宮浦玲奈/保原彩夏(ヨネックス)に2-0で勝利

 組み合わせを見た時から、この2回戦が大事な試合になると思っていたので、二人でここをどう戦うかを考えて挑みました。相手の好きなことをやらせないということができて、すごくいい試合だったと思います。今までは、やらないといけないことをわかっていても、自分たちのしたいプレーが先走って、作戦負けということも多かった。今日は、自分たちのプレーのレベルが一段階上がった気がします。2年連続ベスト8なので、ここは最低ライン。ベスト4にどうやって入っていくか二人で話して、頑張っていきたいです。

松田 いつも勝てる試合でも自分たちはプレッシャーに負けてしまうことが多かったので、今回は、自分たちは挑戦者という気持ちで、二人で作戦を練ってそれを実行できたし、なおかつ自分たちのプレーもできたので、すごく今日はいい試合でした。ここをベースにして、プラスアルファもしていきたい。星はベスト8が最低ラインと言っていますが、自分の中では、ベスト4が最低ラインだと思っています。次もしっかり気合いを入れて頑張りたいと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング