【全日本総合2020】「意地でも負けたくないという気持ちで諦めずにプレーした」(髙橋明)24日/選手コメント-8

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、女子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

髙橋明日香
(ヨネックス)

2回戦結果:大家夏稀(NTT東日本)に2-1で勝利

相手も同じB代表。そこは意識しました。ただ、それを意識し過ぎて体が硬くなり、出だしはあまりよくなかったです。そこが反省点ですが、2ゲーム目からがむしゃらにやって、自分のプレーが出せた。その切り替えがよかったところかなと。ベスト8に入るか入らないかというのは大きな違いです。代表のスタッフが見ている中での試合だったので、意地でも負けたくないという気持ちで、諦めずにプレーしました。気持ちが出せたから、この結果になったのかなと思います。

今日のほかの試合の結果を見ていても、やはり総合は何が起こるかわからない。A代表でも、そう簡単に勝てるわけではないのをあらためて感じました。明日、対戦する下田選手は代表ではありませんが、昨年全日本社会人のタイトルを取っていますし、チャレンジャーとして向かって、自分のプレーを出したい。悔いの残らない試合をしたいです。

大家夏稀
(NTT東日本)

2回戦結果:髙橋明日香(ヨネックス)に1-2で敗戦

この日のために準備してきたぶん、最初は緊張して。1年間取り組んできたプレーがどこまで通用するのか、楽しみな部分もありました。1ゲーム目は自分の中で、いい感覚でプレーできていました。どんな状況でも引かない。点差が離れても強気で攻めていくことはできていたと思います。でも、所々で弱気になっていた部分もあったのかな…と。A代表に入るには絶対に勝たなければいけないところ。負けてしまったのは、自分の実力不足です。まだまだ強くなれる部分がいっぱいあると思うし、ここで終わりじゃない。上をめざすために、もっともっと練習しなきゃいけないと思います。

仁平菜月
(トナミ運輸)

2回戦結果:齋藤栞(ACT SAIKYO)に0-2で敗戦

情けない試合をしてしまったというのが第一にあります。1ゲーム目の大事なところでも、自分のミスだったり、逆に身構えてしまって力んじゃったり…動きにそのまま出てしまいました。それを2ゲーム目にしっかり切り替えられなかった。シャトルの飛び具合もつかめないままだったかなというのがあります。

齋藤選手とは過去に何度も対戦してますが、競ったところでいつも負けているイメージがあって…。自分の中で苦手意識みたいなものが、最後の部分で出てしまったと思います。これが今の自分の実力だと認めて、ここから上がっていくために何が必要なのかをしっかり考えていきたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング