【全日本総合2020】「無観客だけど自分たちで声を出して鼓舞してやっていきたい」(園田)24日/選手コメント-5

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、男子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

園田啓悟(左)/嘉村健士
(トナミ運輸)

2回戦結果:星野翔平/仁平澄也(NTT東日本)に2-0で勝利

園田 長身の選手が相手だったので、2ゲーム目は向こうもエンジンかかってきて、球も走ってきたので、その部分では自分たちが引いてしまった部分もありました。無観客で、声援がない中でやっていますが、それでも自分たちで声を出して、自分たちを鼓舞してやっていけたらいいのかなと思っています。2回戦を突破して、ちょっとずつですけど試合感を戻して、明日の準々決勝に向けて調整していきたいと思います。2ゲーム目のリードされた部分から追いついて逆転勝ちしたということは、やっぱり明日につながるんじゃないかなと思います。

嘉村 自分はどちらかというと、観客がいて応援をしてもらって力を出すタイプなので、こういった無観客というのは慣れていなくて、なかなか本領を発揮できない部分もあるんですけど、2回戦を終えて雰囲気もつかむことができてきたので、このなかでしっかり自分たちらしいプレーを出していきたい。一つひとつできることを増やしていけたらいいかなと思います。

(今日の収穫は)個人的にはレシーブにおいて、もっとレシーブができるかなと思っていたんですけど、中途半端にハーフにいったり、前に落とすのも甘くなったりしていた。その自分ができなかったことを知れたというのが、収穫じゃないかなと思います。

遠藤大由/渡辺勇大
(日本ユニシス)

2回戦結果:小林晃/宮嶋航太郎(ジェイテクト)に2-0で勝利

遠藤 今日はしっかりロビングも高さを使えたり、低い球もしっかりできたりしたので、そこの点が昨日よりもよかったです。昨日の段階で、(今日の)相手はすごいスピーディーな選手ですので、同じプレーをしたらちょっと分が悪くなってしまうかもしれないと。そういうときは高さを使っていこうという話しはしていました。まだまだ選択ミスとか、甘くなってしまうことがあるので、そういうところを極力減らしていけるように、これから2人で話し合っていきたいと思います。明日もしっかり自分たちのプレーができるように準備を怠らずに頑張っていきたいと思います。

渡辺 大きな展開がしっかり作れたので、意図的に低い展開に持っていったりとか、意図的にローテーションを速くしたりということができたので、一昨日よりはよかったと。ロングリターンが非常にうまくいったので、ローテーションの部分でしっかり仕掛けることができました。(相手の)前衛の選手にも後衛の選手にも限定させる球出しができていたので、お互いにカバーもしやすかったかなと思います。僕に関して言えば、自分の理想とはまだほど遠いですけど、1回戦より2回戦の方がよくなってきましたし、試合を重ねていく毎に自分の理想に近づいていければいいかなと思っています。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/24

人気記事ランキング