【全日本総合2020】「ここに向けて1年間準備してきたので、まずはホッとした気持ちです」(竹内)24日/選手コメント-6

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、男子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

竹内義憲/松居圭一郎
(日立情報通信エンジニアリング)

2回戦結果:高野将斗/玉手勝輝(日立情報通信エンジニアリング)に2-0で勝利

竹内 相手はB代表で、勝たなきゃいけないプレッシャーや、プライドもあったと思います。その中で、自分たちが声を出してプレッシャーをかけていけた。実力的にはそんなに変わらないので、気持ちの部分で上回れたかなと思います。

昨年の全日本社会人の決勝で負けた悔しさは、すごくありました。自分たちはチームのエースとしてやっていた中で、向かってこられて…。2人がB代表に選ばれたことも、僕らにとっては悔しいものがありました。

ここに向けて1年間準備してきたので、まずはホッとした気持ちです。今年、息子が生まれて、今の試合も見てくれていたと思うので、頑張りました。目標は優勝です。

松居 去年の全日本社会人の決勝で負けてしまって、とても悔しい思いをしました。周りの人から、「チームのエースなんだからしっかりしてくれよ」と言われたりして…。なので、ここでリベンジしたい気持ちが強かった。チャレンジする気持ちで2人で戦えたのが勝因だと思います。

過去の総合は代表入りを意識しすぎて、自分たちのパフォーマンスを出しきれずに終わってしまっていました。今年は、そこは意識せずに、まずは自分たちのやれることをやって、結果がついてくればいいなと思います。

高野将斗/玉手勝輝
(日立情報通信エンジニアリング)

2回戦結果:竹内義憲/松居圭一郎に0-2で敗退

高野 自分たちのミスが多くて、出し切れなかったという感じでした。チームメートとの対戦ということは意識せずに、ひとつの試合だと思って、力を出そうと思ったんですが、後半ミスが出てしまいました。自分たちはB代表というのはありますが、団体戦では相手の方が第1ダブルス。自分自身は勝たなければいけないというよりも、一つの試合として、挑んでいました。

玉手 自分たちの形に持っていけなかったのが、一番の敗因かなと思います。普段から一緒に練習しているので、こちらが向こうの手の内を知っているのと同じように、こっちの手の内も知っている。そこで自分たちのやりたいことができなくて、相手にやりたいようにやられてしまった。B代表ということで硬くなったわけではないですが、自分自身は勝たなければいけない気持ちを持って入ったところもありました。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/24
■関連キーワード

            

人気記事ランキング