【全日本総合2020】「我慢しながら自分たちのスピードや攻撃を生かそうと話して、修正できた」(永原)24日/選手コメント-4

12月24日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)3日目は5種目の2回戦が行なわれた。ここでは、女子ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

松本麻佑(右)/永原和可那
(北都銀行)

2回戦結果:吾妻咲弥/吉田瑠実(早稲田大)に2-0で勝利

永原 初戦よりはリラックスして臨めました。1ゲームはミスの失点が多かったですが、相手の大きい展開に合わせず、長いラリーでも我慢しながら自分たちのスピードや攻撃を生かしていこうと話していて、途中から修正できました。シャトルの飛びが日によって違い、最初は感覚が慣れませんが、コートによっても変わるでしょうし、明日以降も対応していかなくてはと思います。

松本 リラックスし、レシーブが安定していたので、自分たちの形で打ちたい球が打てました。体育館が使えない期間、ラリーが長くなり、息が上がった状態でもコースをねらって打つような練習を繰り返してきました。ですので、ラリーの精度が上がっていると思います。明日からも、もっと気持ちを高めて臨めればと思います。

米元小春/田中志穂
(北都銀行)

2回戦結果:横山恵里香/矢﨑月子(山陰合同銀行)に2-1で勝利

米元 1ゲーム目は下からの配球でアウトにすることが多かったです。2、3ゲーム目は配球に気をつけて、自分たちのテンポもよくなっていきました。明日も試合ができるので、明日の時間も2人で楽しみながら、相手に向かっていって、自分たちの持ち味を出せたらいいなと思います。

田中 シャトルが初戦と変わったこともあり、シャトルに対して敏感になりすぎました。なかなか自分の感覚と合わず、2ゲーム目からようやく…。そこは悔いが残ります。ファイナルゲームは、どちらに勝負が転ぶか不安もありました。でも、それが久しぶりの感覚で、喜びがありました。勝負に向かっていく感覚がすごく楽しかったです。明日はまた、二人で戦えるうれしさ、喜びを噛みしめながらプレーして、勝ちに結びつけたいと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/24
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング