【全日本総合2020】「目の前の試合、相手に勝ちたい気持ちでやっていく」(奈良岡)23日/選手コメント-5

12月23日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目が行なわれた。ここでは、男子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

奈良岡功大
(IMG)

1回戦結果:武井凜生(ふたば未来学園高)に2-0で勝利

硬さもなく、自分らしいプレーができたと思います。相手とは過去に2回戦ったことがありますが、その時のイメージで戦いました。また、1回戦なので体育館の感覚もしっかり確かめながらできたと思います。

パフォーマンスについては、自分の感覚ではいい感じにできていると思います。(桃田賢斗選手のブロックにいるが)自分は一戦一戦を全力で戦うようにしています。前を見すぎると負けてしまうじゃないけど、変な感じになってしまうので。とにかく、目の前の試合、目の前の相手に勝ちたい気持ちだけでやっています。今は(2回戦で当たる)下農さんに勝ちたいという気持ちしかないですね。

下農走(トナミ運輸)

1回戦結果:山口容正(Shuttle & Sons)に2-0で勝利

1年近く試合をしていない中で、A代表の常山選手や、A代表のダブルス選手たちにスパーリングをしてもらっていました。自分の中では、その練習を自信につなげてプレーができたのかなと思います。

(コロナ禍の練習では)フィジカル面を大事にしてきましたが、その他にも(得意の)アタックだけではなく、戦略面など、他の点数のとり方や相手のミスの誘い方を意識して取り組んできました。近くにいる常山選手のプレーだったり、いろんな選手のプレーを見て、いい部分を吸収しながらだったので、いろんな戦術ができるようになったと思います。

(2回戦は奈良岡選手)去年はコテンパンにやられてしまい、それがすごく悔しくて、この1年間トレーニングを積んできました。自分の力に自信を持ちながら2回戦を勝って、(準々決勝の)桃田さんに挑戦できたらなと思います。

花田彬(八代東高)

1回戦結果:常山幹太(トナミ運輸)に0-2で敗戦

今年は試合がまったくなくて、代替大会にも出られず悔しい気持ちがありました。これが高校最後の試合。権藤(浩二)監督からは「トップ選手から少しでも吸収するように」と声を掛けてもらったので、何か一つでも得られるものがあればと思って試合に臨みました。

やはりトップ選手は球の下に足がしっかり入っていて、普通にラリーを続けているだけでも体がきつくなってしまいました。ただ、自分もしっかり足が入ったときはいいショットが打てたので、そういう場面をもっと作れるようにしたい。常山選手のように、もっと足を動かしていけるプレーヤーになりたいです。

高校を卒業後は大学に進学します。大学では、インカレで優勝できるように頑張っていきたいです。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2020/12/23
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング