【全日本総合2020】「シードペアを食っていく気持ちで頑張りたい」(志田)23日/選手コメント-6

12月23日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目が行なわれた。ここでは、混合ダブルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

小林優吾(右)/志田千陽
(トナミ運輸/再春館製薬所)

1回戦結果:鈴木利拓/香山未帆(筑波大)に2-0で勝利

小林 昨年は自分のケガの影響で出場できず申し訳なかったのですが、その思いを込めて、今日の試合を楽しもうと思いました。志田ちゃんも相当レベルアップしていて、パートナーとしてはすごく頼もしいです。1回戦をしっかり乗り切れてよかったですし、今回は久々の試合という意味では、1試合でも多くできるように、足元を見ながらやっていきたいです。

志田 ミックスは2年前の総合以来(ベスト4)だったので、どういう感じになるかわからなかったですけど、パートナーが心強いので思い切ってやろうと思いました。次の相手(B代表の山下/篠谷)はシード選手で強いですが、自分たちはノーシードとして、シードペアを食っていく気持ちで頑張りたいです。

小野寺雅之/吾妻咲弥(早稲田大)

1回戦結果:荒井大輝/石橋麻美子(金沢学院クラブ/昭和電工マテリアルズ)に2-0で勝利

小野寺 彼女(吾妻)が今回で最後となるので、2人で“楽しむ”ことを決めて試合に臨みました。それができたから、よかったかなと思います。混合はベスト4とかそういう目標を設定していたわけじゃないので、悔いがなく戦えれば。2回戦も挑戦者の気持ちで楽しくやっていきます。もし勝てたら(来年の)出場権が取れちゃうので、その時はまた(吾妻と)出られるかもしれないという気持ちを持ちながら(笑)、頑張りたいと思います。

吾妻 今日の試合は、一本一本を楽しめたらと思っていました。その一心で戦ったので、他のことを考えずにやれたのがよかったと思います。次の試合は、少しでも長くコートに立ってバドミントンができるように、一本一本楽しみながら頑張ります。

仁平澄也/上杉夏美(明治大)

1回戦結果:村本竜馬/田代愛妃(日本体育大)に2-0で勝利

仁平 ミックスは全然練習ができていなかったので、迷いがあったり、かぶるところがありました。そこから失点する場面もあったのですが、今日試合ができたので、2回戦はしっかり戦いたいです。(ペアでは)最後なので、やりきたいと思います。(大学生対決だったが)絶対負けられないというより、ミックスは2人で楽しくできたらと思っていました。次の試合は大学生らしく、元気よく向かっていきたいと思います。

上杉 個人的には足が動いていなかったので、2回戦は自分から積極的に前に入って、攻めの形をたくさん作りたいと思います。今日は悔いが残らないようにと思って戦いました。2回戦からは強い相手なので、自分たちから向かっていけたらなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2020/12/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング