【全日本総合2020】「ひとつ勝ちきることが次につながってくる」(大堀)23日/選手コメント-4

12月23日に開催された第74回全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)2日目は、男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルスの3種目が行なわれた。ここでは、女子シングルスを戦った選手たちの試合後のコメントを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

大堀彩
(トナミ運輸)

1回戦結果:香山未帆(筑波大)に2-0で勝利

3月の全英OP以来の大会で、試合前から今までにない緊張がありました。でも、ゲームを進めていくうちに緊張も少しずつほぐれて。ベストなパフォーマンスまではいかなかったですが、ひとつ勝ちきることが次につながってくると思うので、初戦としては、まずまずだったのかなと思います。

会場も私自身初めてだったので、今大会は特に、最初は不安しかなかった。試合勘も鈍っている中、不安との闘いでしたが、みんな条件は同じと思ってやるしかないと。1試合、2試合と重ねていくうちに、会場にも慣れていけばいいかなと思っています。

(コロナ禍で)大会がない中で、自分と向き合う時間はたくさんありました。今まで知らなかった自分自身をよく知る時間、そのきっかけになる時間があったとプラスに考えれば、そう思える。全英OP以前の自分よりは、一回り成長したのではないかと感じます。

課題とか、改善点などは数えきれないほどありましたが、時間がある時にしかできない、身体づくりを重点的にやってきました。以前の自分よりは体の面でも強くなれたと思います。

(昨年は全日本総合で決勝に進んだが)去年は去年、今年は今年と自分では思っている。私以外にも課題を克服して強くなっている選手がいるので、今まで取り組んできたことを100パーセント、120パーセント出せれば、結果はついてくる。準備段階ではできることはやってきたと思うので、あとは自信を持って、やるだけかなと思っています。

郡司莉子
(八代白百合学園高)

1回戦結果:池内萌絵(七十七銀行)に2-0で勝利

公式戦は2月の海外の大会以来で、久しぶりの試合でした。結果は勝てましたが、いつもとは違う緊張感のなかで、自分らしいプレーができなかった。少し納得のいかない試合になってしまいました。でも、ひとまず1試合目を勝てたことはよかったです。

(2回戦で当たる山口選手は)去年も対戦していて、練習も一緒にやらせてもらうこともあったので、自分の球はわかっていると思います。自分は向かっていく立場なので、どんどん気持ちをぶつけていって、結果につながればいいなと思います。

髙橋明日香
(ヨネックス)

1回戦結果:宮﨑淳美(法政大)に2-0で勝利

今年はまったく試合がなかった中で迎えた総合だったので、昨日から緊張していました。でも、なるべくリラックスできるように準備して、ほどよい緊張感を持って試合に入れました。以前の私は最初から攻撃を仕掛けていくスタイル。最初から100のギアでやっていたのですが、それで後半、体力が足りなくなったり、その戦い方ばかりになることが課題でした。今年は、クリアーやドロップで相手を揺さぶって、その中でスマッシュを入れていくスタイルに取り組んできたので、今日はそのプレーが最初からできてよかったです。

総合は1年間の集大成となる場だと思うので、違う自分を見せられるようにしたい。目標はベスト4に入ることですが、先を見ず、一戦一戦を大事にして戦っていきたいです。

投稿日:2020/12/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング