【全英OP2020】「終盤にしっかりとスピードや集中力を高められてよかった(廣田)」<準々決勝:コメント-5>

3月13日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)3日目は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

福島由紀/廣田彩花(右)
準々決勝:金昭英/孔熙容(韓国)に2−0で勝利!

廣田 1ゲーム目は終盤にしっかりとスピードや集中力を高められてよかったのですが、2ゲーム目は点差が離れたところで相手が開き直ってきて、それを受けてしまいました。前に切ってくる球に対してスピードを合わせてしまい、前に詰められてしまったのは反省点です。(準決勝は髙橋/松友)ほかの大会が中止になった中、いま、バドミントンができる、試合ができることに感謝して、昨年のベスト4を2人で乗り越えたいです。

福島 (試合前に今後の大会の中止を聞いて)試合をしたい気持ちはありますけど、ほかの競技も中止になっているので、仕方がない部分もあると思います。ただ、試合をしたい選手も絶対にいたと思うので、何ともいえません。

取材/平野貴也

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/14

人気記事ランキング