【全英OP2020】「第2ゲームを落とした時点で心が折れました(常山)」<2日目:コメント-1>

3月12日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)2日目は、各種目の2回戦が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

常山幹太
2回戦:周天成(台湾/WR2位)に1−2で敗戦

常山 正直、第2ゲームを落とした時点で心が折れました。勝ちきろうと思っていましたし、ファイナルゲームのことは考えていませんでした。それでも気持ちで体を動かそうとしましたが、スピードは上がりませんでした。もう少し、フィジカルやスタミナを上げて、簡単なミスを減らせば勝ちきれたのではないかと思います。(手応えなどは?)つかめましたね。以前に比べれば勝負はできているので、あとは勝つか負けるか。自信を持って(今後に)つなげていければいいと思います。

渡辺勇大/東野有紗(右)
2回戦:エリス/スミス(イングランド/12位)に0−2で敗戦

渡辺 相手が素晴らしい出来で、完敗です。相手の球が強く、うまくかわせず、連続攻撃をさせてしまったところが、終始、よくありませんでした。後ろから前に詰めてくるのが速かったですし、球が荒れていたのも僕たちにとっては難しかったです。(ドロップが効かなかった?)そうですね。今日の相手は、素晴らしくて、あのクオリティを毎回出されたら、厳しいです。

東野 相手のスピードに押し負けて、自分たちのプレーを出す前にやられてしまいました。ただ、久々の大会でコンビネーションなどを確認できたので、次に向けて、また頑張れると思います。

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/12

人気記事ランキング