【全英OP2020】「自分の中で整理がつかないままプレーしてしまった(西本)」<2日目:コメント-2>

3月12日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)2日目は、各種目の2回戦が行なわれた。ここでは、試合を終えた選手らのコメントを紹介しよう。

記事・コメントの一覧はこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

西本拳太
2回戦:王子維(台湾/12位)に0−2で敗戦

西本 自分の中で整理がつかないままプレーしてしまった。相手のスマッシュが強く、プレッシャーもあって置きにいく球が増えて積極性がなくなってしまいました。第2ゲームに入るときに、相手の強打を警戒してネット前への配球を使おうとしましたが、その球が多くなり過ぎて詰められてしまいました。もちろん、勝てれば五輪レースのポイントを重ねられた試合でしたが、次の大会でいい成績を残せるように頑張ります。

大堀彩
2回戦:ラチャノック・インタノン(タイ/WR5位)に0−2で敗戦

大堀 昨日に続いてコンディションが上がらず、アップの段階で動きがよくないと感じていました。その状態でどういうプレーをできるか考えましたが、ラリーをさせてもらえず、反省点しかない内容。トップ選手との試合では、100パーセントの力を出しても勝てるかどうか。遠征前は、100パーセントの準備ができたと思っていたのですが、コンディションが足りなかったので、もっと神経質にならないといけないかなと思います。

取材/平野貴也 構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2020/03/12

人気記事ランキング