【全英OP2020】「全英にフォーカスするための準備はしっかりできた(奥原)」<コメント-1>

3月8日(日)、BWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)に参戦する日本代表が、開催地のイングランドに向けて出発した。3月11日から15日の5日間で開催される全英OPは、8日の時点では実施予定。しかし、世界中に広がりを見せている新型コロナウイルスの影響により、大会の中止・延期、無観客試合などの可能性も残されている。不安の中での遠征となった日本選手だが、出発前に奥原希望、園田啓悟/嘉村健士、朴柱奉監督が囲み取材に応じた。ここでは、奥原のコメントを紹介する(注:選手・監督ともにマスクを着用して取材に対応しています)。

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

――全英OPから約50日間の遠征。不安はあるか

奥原 どんな状況でも、それに対応していくしかないと思います。いまできることをやっていきたいです。

――これほどの長期遠征の経験は?

奥原 初めてです。遠征で滞在する国が、最初はイギリスで、その後が暑い国のマレーシア(インドOPはエントリーせず)。それぞれの環境がまったく違うので、そういった面での準備は難しかったです。多分、足りないものがまだあると思いますが、(ランクの高い)1週目の全英OPにフォーカスするための準備は、しっかりできたかなと思います。

――ドイツOPの派遣が中止になった影響は

奥原 (派遣中止で全英OP前に)代表合宿が入りましたが、本当はドイツOPで時差の調整をしたかったです。それができないことが、どれだけ全英OPに(影響が)きてしまうのか心配はありますが、仕方がないことでもあるので、いまからできることを全力でやればいいのかなと思います。

――その全英OPに向けての意気込み

奥原 全英OPはグレードの高い大会ですし、私の中でも大好きな会場、雰囲気の中での試合となるので、ワクワクしています。1月のインドネシアマスターズ(Super500)、マレーシアマスターズ(Super500)以来の試合となるので、久々の試合。いまの力を出しきりたいです。

――プレー面での課題について

奥原 (合宿などで)課題には取り組んできましたが、その時その時で、できる・できないがある。全英の会場に入って、その日のコンディションなどもあるので、その日にあわせたプレーができたらいいのかなと思います。

――リオ五輪のときは、その年の全英で優勝

奥原 (16年は)その前の年末(15年の全日本総合とスーパーシリーズファイナル優勝)から全英OPと、いい結果が立て続けにあり、それが自信につながりました。大きな大会の結果は過去の経験上、すごく自信につながるというのはありますが、もちろんそれが簡単ではないのはわかっています。とにかくベストを尽くしていくことが、結果につながると思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/03/08
■関連キーワード

                              

人気記事ランキング