【全英OP2020】「バドミントンができない中・高校生や社会人の方に元気を与えられるように頑張りたい(嘉村)」<コメント-2>

3月8日(日)、BWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)に参戦する日本代表が、開催地のイングランドに向けて出発した。3月11日から15日の5日間で開催される全英OPは、8日の時点では実施予定。しかし、世界中に広がりを見せている新型コロナウイルスの影響により、大会の中止・延期、無観客試合などの可能性も残されている。不安の中での遠征となった日本選手だが、出発前に奥原希望、園田啓悟/嘉村健士、朴柱奉監督が囲み取材に応じた。ここでは、園田/嘉村のコメントを紹介する(注:選手・監督ともにマスクを着用して取材に対応しています)。

奥原希望のコメントはこちら

東京五輪前最後のビッグタイトル
全英オープン2020 CSテレ朝チャンネル2で
1回戦から決勝まで連日放送!!

バナーをクリックすると放送予定が確認できます!

――長期遠征について

園田 (聞いた時は)すごいスケジュールだなと。50日間も海外で過ごす機会はなかなかないので、聞いたときはすごく驚きました。

嘉村 いままでにないことで不安はありますが、そういった状況の(心の)準備はしてきている。その場所で(試合に向けた)準備をしっかりできたらなと思います。

――長い遠征で一番気をつけることは

園田 食事の面は大変だと思いますが、今回は栄養士さんや味の素さんがいるときがあるので、“こういう状況では何を食べたらいいのか”などを聞いて、食事面をしっかりしたいと思います。

嘉村 食事はすごく大事。1週目の全英までは味の素さんがサポートしてくれますが、2週目は自分たちで(自炊などを)やらないといけない。鍋の具材だったり、鍋キューブなどを持ってきたので、現地で栄養をしっかり摂って、ストレスのない生活を過ごすようにしたいと思います。

――コロナウイルスの影響について思うこと

嘉村 日本の学校などが休校する中で(自分たちは)遠征にいく。まだ試合が行なわれるかわかりませんが、大会ごとに僕たちができることは、いい結果を報告することだと思う。少しでもよい結果を出して、バドミントンができない中・高校生や社会人の方に、少しでも元気を与えられるようにしたい。結果が出せるように、頑張っていきたいです。

――前回の全英でベスト4。今回の意気込みは

園田 昨年は準決勝で負けてしまい、決勝に進めず悔しい思いをした。今年は優勝をねらって頑張りたいです。

嘉村 個人的には(1月の)マレーシア、インドネシアで(肩を)ケガして、その後はバドミントンから1カ月近く離れていました。個人的には復帰戦というのもあるし、全英OPという大きな大会で、自分たちらしいプレーができるように、それを一番に考えていきたいです。

――二人のコンビネーションについては

嘉村 これから詰めなきゃいけない部分もあるけど、個人的には、しっかりプレーは戻ってきているし、(全英前の)3日間でベテランらしく調整ができたらいいなと思います。

――練習ができない子どもたちへ、アドバイスがあれば

嘉村 (全国的に)体育館などが使えない状況は続いていますが、家でできることはある。壁に(ネットの高さの)ラインを張ってサービス練習をしたり、腹筋や背筋、基礎トレーニングをやるだけでも、練習が再開できたときのプレー(の質)が変わってくることもある。ラケットを少しでも触ったり、寝ながらでもシャトルを打ったり、そういうことを続ければ感覚は離れていかない。ある程度状況が落ち着くまでは、できる範囲でいいので、ラケットとシャトルを使って遊んでおくことが大事なのかなと思います。

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2020/03/08

人気記事ランキング