【全国小学生】畠山想来、山北&長谷川が日本一に!<女子個人5年生以下>

小学生の日本一を決める『全国小学生選手権』。第28回を迎えた今年は徳島県(鳴門・大塚スポーツパーク内アミノバリューホール、ソイジョイ武道館)で開催された。大会4日目の25日は、個人戦の4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝を実施。ここでは、5年生以下の女子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介する。

【5年生以下・女子シングルス】

★Vコメント

畠山想来(ハイタッチJBC・岩手)

「去年は3位だったので、優勝できてうれしいです。自分の弱いところとかを直して、負けた相手に勝てるように頑張ってきました。もっと気持ちを強くして、体力もつけて、来年はABC大会でも優勝したい。全小でも優勝できるように頑張りたいです」

■結果(25日)

▼準々決勝

永渕友梨華(川上ジュニア・佐賀) 2-1 大石夢陽(山家ウイングス・福岡)
畠山想来(ハイタッチJBC・岩手) 2-0 沼田弥乘(南郷キューピット・大阪)
田村美月(東光小少年団・北北海道) 2-0 西川楓(久御山・京都)
浅野真央(宇都宮中央Jr・栃木) 2-0 溝尾花奈(あすなろ・南北海道)

▼準決勝

畠山想来 2-0 永渕友梨華
田村美月 2-1 浅野真央

▼決勝

畠山想来②〔21-14、24-22〕0●田村美月

【5年生以下・女子ダブルス】

★Vコメント

山北莉緒(左)/長谷川葉月(鶴ヶ島・埼玉)

山北「去年は3位だったので、今年は1位になれて本当にうれしいです。自分たちからどんどん攻めていけたところがよかったと思います。来年も勝って2連覇したいので、これで油断せず、また練習を頑張っていきたいです」

長谷川「私たちはクラブに入ったタイミングが同じくらいで、(本格的には)1年生のころからずっと組んでいます。決勝戦は緊張したけど、莉緒が後ろで私が前の得意の形で攻撃することができました。来年も2人で2連覇できるように頑張ります」

■結果(25日)

▼準々決勝

縣明日香/藤井詩(はりーあっぷ・愛知) 2-0 中村結愛/中村望愛(橿原ジュニア・奈良)
山北莉緒/長谷川葉月(鶴ヶ島・埼玉) 2-0 佐藤玲/渡辺暖花(阿賀野ジュニア・新潟)
木村ひなの/鈴木愛香(宮城・横倉ジュニア) 2-1 曽我部柚羽/篠原多輝(中萩JBC・愛媛)
工藤葵/工藤和奏(矢上小クラブ・長崎) 2-1 向江悠伽/金生七海(COLORS・福岡)

▼準決勝

山北莉緒/長谷川葉月 2-0 縣明日香/藤井詩
木村ひなの/鈴木愛香 2-0 工藤葵/工藤和奏

▼決勝

山北莉緒/長谷川葉月②〔21-19、21-12〕0●木村ひなの/鈴木愛香

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(水)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳


投稿日:2019/12/26
■関連キーワード

         

人気記事ランキング