【全国小学生】山脇弘奨、江藤&堀内が初優勝!<男子個人5年生以下>

小学生の日本一を決める『全国小学生選手権』。第28回を迎えた今年は徳島県(鳴門・大塚スポーツパーク内アミノバリューホール、ソイジョイ武道館)で開催された。大会4日目の25日は、個人戦の4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝を実施。ここでは、5年生以下の男子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介する。

【5年生以下・男子シングルス】

★Vコメント

山脇弘奨(はりーあっぷ・愛知)

「2年生のABC大会から全国で優勝していないので、今大会はチャレンジする気持ちで自分から攻めていけたところがよかったです。自分の一番いいところは、相手がミスするまでラリーできるところ。来年は若葉カップもABC大会も全小も勝って、“3冠”したいです」

■結果(25日)

▼準々決勝

山城政人(佐渡ジュニア・新潟) 2-0 木山凜空(出水南ジュニア・熊本)
山脇弘奨(はりーあっぷ・愛知) 2-0 五十田敦晴(たまひよじゅにあ・高知)
増田遥(SJBC・兵庫) 2-0 齊藤優楽(仙台大和ジュニア・宮城)
田上幹太(TTBC・熊本) 2-0 増田大輝(広島安佐ジュニア・広島)

▼準決勝

山脇弘奨 2-0 山城政人
田上幹太 2-0 増田遥

▼決勝

山脇弘奨②〔21-15、21-16〕0●田上幹太

【5年生以下・男子ダブルス】

★Vコメント

江藤友哉(右)&堀内暁仁(ブライアンズF・熊本)

江藤「優勝できてうれしいです! 今大会はサービスとか、攻撃もよかったし、ずっと練習してきたサービスプッシュもうまくできたと思います。来年も2連覇できるように頑張りたいです」

堀内「初めて全国大会で優勝できたのでうれしいです。磨いてきたスマッシュのコースをうまく突いていけたし、声をいっぱい出せたことが優勝につながったと思います。来年も優勝したいです」

■結果(25日)

▼準々決勝

椎名洸介/笹島悠瑚(三郷ダックス・埼玉) 2-1 細見一平/湯浅敦貴(長岡京市スポ少・京都)
野口馳矢/和川竜也(Selfish・神奈川) 2-0 因藤将夢/三浦壮太(はりーあっぷ・愛知)
江藤友哉/堀内暁仁(ブライアンズF・熊本) 2-0 外村樟太/小澤直旺(所沢ジュニア・埼玉)
山﨑琉生/德重瓢(多久スポーツピア・佐賀) 2-1 味岡友陽/鈴木奏楽(BPC仙台・宮城)

▼準決勝

野口馳矢/和川竜也 2-0 椎名洸介/笹島悠瑚
江藤友哉/堀内暁仁 2-1 山﨑琉生/德重瓢

▼決勝

江藤友哉/堀内暁仁②〔13-21、21-18、21-17〕1●野口馳矢/和川竜也

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(水)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳

投稿日:2019/12/26
■関連キーワード

         

人気記事ランキング