【全国小学生】東谷悠妃、石井&戸上が2年連続で全小を制す!<女子個人6年生以下>

小学生の日本一を決める『全国小学生選手権』。第28回を迎えた今年は徳島県(鳴門・大塚スポーツパーク内アミノバリューホール、ソイジョイ武道館)で開催された。大会4日目の25日は、個人戦の4・5・6年生以下男女シングルス・ダブルスの準々決勝から決勝を実施。ここでは、6年生以下の女子シングルス・ダブルスの優勝者コメントと上位結果を紹介する。

【6年生以下・女子シングルス】

★Vコメント

東谷悠妃(旭川忠和クラブ・北北海道)

「今回の全小は、ベスト8だったABC大会の悔しさをぶつけたいと思っていたので2連覇できてうれしいです。決勝は自分からのミスや、つなぎ球のミスが出て少し苦しんだけど、コーチから『強気で』といわれて切り替えられました。あこがれの選手は山口茜選手と奥原希望選手。もっともっと強くなって、将来はオリンピックに出たいです」

■結果(25日)

▼準々決勝

東谷悠妃(旭川忠和クラブ・北北海道) 2-0 伊藤康乃(鶴ヶ島・埼玉)
文元日菜(田原スマッシュ・大阪) 2-1 神尾朱理(小平ジュニア・東京)
平田涼(桜川Jr.・茨城) 2-0 突沖花歩(美鈴が丘JBC・広島)
白川菜結(大森ジュニア・千葉) 2-0 金森愛里紗(ミッキーズ・岡山)

▼準決勝

東谷悠妃 2-1 文元日菜
白川菜結 2-0 平田涼

▼決勝

東谷悠妃②〔21-19、17-21、21-15〕1●白川菜結

【6年生以下・女子ダブルス】

★Vコメント

石井空(左)/戸上凜(PEACE・岡山)

石井「第1シードのプレッシャーがあったけど、そこを乗り越えて勝てたのでよかったです。決勝の相手は攻撃力のあるペアだったので、自分たちが攻撃する場面を増やして相手にレシーブさせるように心がけたのがよかったです」

戸上「去年と違って1試合目からとても苦しい試合が多かったけど、最後まで勝ちきることができてとてもうれいしいです。苦しい場面でも声をしっかり出していけたのがよかったし、たくさんのチームの人たちに応援してもらったおかげで勝てたと思います」

■結果(25日)

▼準々決勝

石井空/戸上凜(PEACE・岡山) 2-0 山本希乃花/竹村実優(札幌BEANS・南北海道)
大津妃奈乃/関野妃奈(札幌BEANS・南北海道) 2-0 八嶋未來/森沙和子(久喜ABC・埼玉)
榮代結子/本田乙葉(美川湊ジュニア・石川) 2-0 桑野愛莉/斉藤凪沙(春日イーグルス・福岡)
生井穂乃果/草間結(西豊田・茨城) 2-0 小林色葉/小林若葉(西尾ジュニア・愛知)

▼準決勝

石井空/戸上凜 2-0 大津妃奈乃/関野妃奈
榮代結子/本田乙葉 2-0 生井穂乃果/草間結

▼決勝
石井空/戸上凜②〔21-19、18-21、21-14〕1●榮代結子/本田乙葉

★全国小学生選手権の熱戦の模様は、1月22日(水)発売予定の『バドミントン・マガジン』2月号でも紹介します! ぜひチェックしてください!

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/12/26
■関連キーワード

            

人気記事ランキング