【全日本総合2019】「勝ちにこだわりながら内容も充実させたい(渡辺)」<混合ダブルス・準決勝コメント>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」の準決勝が、11月30日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に開催された。ここでは、混合ダブルス決勝に駒を進めた2ペアのコメントを紹介する。

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)

結果:緑川大輝/齋藤夏(早稲田大/ACT SAIKYO)に21−15、21−13で勝利

渡辺「初戦に比べれば、いい形でゲームを展開できたと思います。点数はあまり気にしていませんでしたが、内容がしっかりとついてきてくれて、それが結果として表れたのは少しうれしい部分。明日は、まず勝ちにこだわったゲームをする。これが一番大事ですけど、そのなかでしっかりと楽しんで、内容も充実させたゲームにできるように心がけて、気持ちを新たに頑張りたいと思います。(相手の若手ペアに対して)僕らも簡単に抜かれるのではなく、伝えられることは伝えていきたい」

東野「今日の試合は、2ゲーム目の競り合いになった場面で、2人で話し合って抜け出せたのがよかったと思います。1ゲーム目は勇大君の球で決まっていましたが、2ゲーム目からは私も突く球や落とす球を交ぜながらできた。相手とは初めての対戦だったので、勇大君のどこに来るか分からない球や、キレのあるショットにビックリしていたと思う。決勝は自分たちの持ち味であるコンビネーションやスピードをしっかり出していって、3連覇に向けて頑張っていきたいです」

西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)

結果:金子祐樹/中西貴映(日本ユニシス)に21−13、21−10で勝利!

西川「今大会の初戦とかは自分たちのテンポでラリーをつくっていけなかったが、今はサービスを打った次の球をねらっていけるようになり、そこからいいリズムに乗れて試合ができています。総合の決勝は簡単に立てる場所ではありませんし、自分としても目標にしている部分はありました。明日はどれだけ楽しんでやれるか、そこが一番大事だと思うので頑張っていきたいと思います」

尾﨑「私たちは後から左利きの西川が思い切りいい球を打ってくれるので、私は前で決めたりチャンスを作ったりするのが、ペアとしていい形です。大会の序盤は自分たちのリズムがよくわからない部分があったのですが、昨日、今日で掴めたところはあると思います。決勝は思いっきりやるだけだと思うので頑張ります」

取材・構成/吉井信行

写真/バドミントン・マガジン編集部

投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

         

人気記事ランキング