【全日本総合2019】「相手にいい形でやられてしまうところが多かった(山口)」<女子シングルス・準決勝-1>

日本一を決める「第73回全日本総合選手権」の準決勝が、11月30日に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館を舞台に開催された。ここでは、女子シングルス準決勝を戦った選手たちのコメントを紹介する。

山口茜(再春館製薬所)

結果:大堀彩(トナミ運輸)に21-11、18-21、18-21で敗戦

「第1ゲームを自分が取ったあとも、大堀さんは自分から無理に点数をとりにくるという感じではなくて、しっかりラリーしてきました。そこに付き合ってしまって、相手にいい形でやられてしまうところが多かったかなと思います。

ファイナルの中盤までリードしていたので、勝てた試合ではあったと思う。満足いくかといわれると難しいですけど、ベスト4という最低ラインにはこられたかなと…。

負けてしまって残念という気持ちはありますが、全体としてスピードを上げられなかったり、まだまだ自信をもってプレーできるところが少なかった。またしっかり練習して、次、よりよいプレーができるように頑張ります」

髙橋沙也加(日本ユニシス)

結果:奥原希望(太陽ホールディングス)に21-14、13-21、11-21で敗戦

「今日は出だしがよかったんですが、そのときスピードを上げすぎたというのはありました。きのうはケガというか疲労で、正直スマッシュが打てず、今日、もしも無理なら棄権という選択もあったんですけど、こういう舞台なので、ぼろぼろに負けてもやりきりたいという気持ちでした。

勝ち負けというより楽しくできたのかなと思います。遠征続きでコンディションを合わせられなかったのが、やっぱり自分の中で悔しい思いになりました。この結果に満足はしていないですけど、最低限の目標はクリアできたので、来年につながる結果にはなったのかなと思います」

取材・構成/江國晴子、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳

投稿日:2019/11/30
■関連キーワード

            

人気記事ランキング