【世界ジュニア2019】アジアジュニア上位選手を日本勢が撃破!<個人戦4日目結果>

10月10日に開催された世界ジュニア2019(ロシア・カザン)個人戦4日目は、各種目の4回戦が行なわれた。

過去の世界ジュニア関連の記事はこちら

男子シングルスを除く4種目で勝ち上がった日本勢は、4回戦でも殊勲の白星をつかんだ。女子シングルスでは、7月のアジアジュニア選手権の個人戦(日本はインターハイのため不参加)で表彰台に立った、中国の強豪選手たちと対戦。アジアジュニア女王の周萌(ツォウ・メン)に挑んだ内山千尋は、惜しくも0−2で敗れたものの、郡司莉子はアジア3位の譚寧(タン・ニン)を2−1で撃破。栗原あかりもアジア2位の韓千禧(ハン・チャンシィ)を11本、11本に抑えて、2選手が準々決勝へと駒を進めている。

アジアジュニア2位に快勝した栗原あかり

女子ダブルスも、大竹望月/廣上瑠依がアジアジュニア女王ペアに屈したものの、鈴木陽向/大澤佳歩が同準優勝の陳瑩雪(チェン・インシュエ)/張馳(ツァン・チー)を19本、17本に抑えてベスト8入りを果たした。また、内山智尋/宮﨑淳美も、インドペアを2−0で退けて準々決勝進出を決めている。

男子ダブルスは、川本拓真/河村翼がインドネシアペアを2−0で下したほか、混合ダブルスの熊谷翔/大竹望月も、デンマークペアに21-18、21-19で制してベスト8入りを決めている。11日はメダルをかけた準々決勝が行なわれる。

デンマークペアとの接戦をものにした混合ダブルスの熊谷(右)/大竹が準々決勝に進出

日本選手の結果は以下の通り。

【女子シングルス】

栗原あかり②〔21−11、21−11〕0●韓千禧(中国)33分

郡司莉子②〔13−21、21−13、21−19〕1●譚寧(中国)52分

内山智尋●0〔18−21、15−21〕②周萌(中国)36分

郡司は第1ゲームを失った状況から、見事な逆転勝利で準々決勝に進出した

【男子ダブルス】

川本拓真/河村翼②〔21−14、21−15〕0●RESTU/WARDANA(インドネシア)22分

【女子ダブルス】

大竹望月/廣上瑠依●0〔22−24、19−21〕②李怡婧/羅徐敏(中国)44分

鈴木陽向/大澤佳歩②〔21−19、21−17〕0●陳瑩雪/張馳(中国)38分

内山智尋/宮﨑淳美②〔21−11、21−14〕0●BHATT/CRASTO(インド)32分

シードペアの鈴木/大澤(左)が中国の強敵を2−0ストレートで下しベスト8入り
大竹/廣上(左)はアジア女王と接戦を演じるも0−2で惜敗

【混合ダブルス】

熊谷翔/大竹望月②〔21−18、21−19〕0●ESPERSEN/BUSCH(デンマーク)33分

▼日本選手団

【男子】川本拓真、河村翼(埼玉栄高③)熊谷翔、藤澤佳史(聖ウルスラ学院英智高③)稲光翔太郎(ふたば未来学園高②)内野陽太、柴田拓実(埼玉栄高②)西大輝(乙訓高②)武井凜生(ふたば未来学園高①)

【女子】鈴木陽向、大澤佳歩、宮﨑淳美(埼玉栄高③)内山智尋(ふたば未来学園高③)栗原あかり(西武台千葉高③)大竹望月(青森山田高③)郡司莉子(八代白百合学園高②)廣上瑠依(ふたば未来学園高②)杉山薫(ふたば未来学園高①)

【団長】長谷川博幸【総監督】友金幸雄【男子コーチ】リー・ワンワー、本多裕樹【女子コーチ】明神憲一、井田貴子【映像分析】萩森涼【トレーナー】竹下ひとみ

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/10/11
■関連キーワード

            

人気記事ランキング