【世界ジュニア2019】女子シングルス、ダブルスともに3選手&3ペアが3回戦突破!<個人戦3日目結果>

10月9日に開催された世界ジュニア2019(ロシア・カザン)個人戦3日目は、各種目の2・3回戦が行なわれた。

過去の世界ジュニア関連の記事はこちら

5種目で勝ち上がった日本勢。上位進出の期待が高まる女子シングルスは、シードの郡司莉子、内山智尋、栗原あかりの3選手がそろって白星をつかみ、ベスト16入りを決めた。同じく女子ダブルスも、シードの鈴木陽向/大澤佳歩など3ペアが2−0のストレート勝ちで3回戦を突破。こちらもベスト16入りとなった。

第7シードの郡司莉子は2−0で勝利。次戦は中国選手と対戦する

男子はダブルスの川本拓真/河村翼がチェコのペアを2−0で下して勝ち進んだものの、そのほかは苦杯を喫して白星なし。シングルスで勝ち残っていた川本拓真、内野陽太も3回戦で敗れた。2・3回戦の2試合が行なわれた混合ダブルスは、熊谷翔/大竹望月が勝ち残り、ベスト16進出を決めている。

日本選手の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

▼3回戦

川本拓真●0〔9−21、5−21〕②Christo POPOV(フランス)29分

内野陽太●0〔13−21、9−21〕②SU Li Yang(台湾)26分

【女子シングルス】

▼3回戦

栗原あかり②〔21−10、18−21、21−14〕1●Talia NG(カナダ)62分

郡司莉子②〔21−15、21−12〕0●Amalie SCHULZ(デンマーク)27分

内山智尋②〔21−13、21−13〕0●Mariia GOLUBEVA(ロシア)29分

【男子ダブルス】

▼3回戦

川本拓真/河村翼②〔21−18、21−12〕0●KULÍŠEK/ŠVEJDA(チェコ)26分

柴田拓実/西大輝●0〔24−26、16−21〕②WONG/YONG(シンガポール)38分

柴田/西は第1ゲームで接戦を繰り広げたが、第2ゲームは16本で敗れ上位進出はならず

【女子ダブルス】

▼3回戦

大竹望月/廣上瑠依②〔21−8、21−10〕0●CHI/NGO(アメリカ)24分

鈴木陽向/大澤佳歩②〔21−7、21−19〕0●URELL/WANG(スウェーデン)26分

内山智尋/宮﨑淳美②〔21−12、21−18〕0●LAI/ZHANG(カナダ)33分

カナダペアを退けた内山(手前)/宮崎もベスト16に進出。次戦はインドペアと対戦

【混合ダブルス】

▼2回戦

河村翼/大澤佳歩②〔21−13、21−13〕0●ZHAO/EA(オーストラリア)22分

熊谷翔/大竹望月②〔21−7、21−15〕0●BJORKLER/URELL(スウェーデン)19分

西大輝/宮﨑淳美②〔22−20、21−7〕0●J・YU/A・YU(オーストラリア)22分

▼3回戦

河村翼/大澤佳歩●1〔21−19、12−21、16−21〕②CHEN/ZHANG(中国)43分

熊谷翔/大竹望月②〔21−16、21−19〕0●Sirawit・S/Pornnicha・S(タイ)27分

西大輝/宮﨑淳美●1〔7−21、21−16、9−21〕②KO Shing Hei/YEUNG Pui Lam(香港)42分

中国ペアにファイナル勝負にもつれる戦いを演じた河村/大澤だったが、惜しくも白星はつかめず

▼日本選手団

【男子】川本拓真、河村翼(埼玉栄高③)熊谷翔、藤澤佳史(聖ウルスラ学院英智高③)稲光翔太郎(ふたば未来学園高②)内野陽太、柴田拓実(埼玉栄高②)西大輝(乙訓高②)武井凜生(ふたば未来学園高①)

【女子】鈴木陽向、大澤佳歩、宮﨑淳美(埼玉栄高③)内山智尋(ふたば未来学園高③)栗原あかり(西武台千葉高③)大竹望月(青森山田高③)郡司莉子(八代白百合学園高②)廣上瑠依(ふたば未来学園高②)杉山薫(ふたば未来学園高①)

【団長】長谷川博幸【総監督】友金幸雄【男子コーチ】リー・ワンワー、本多裕樹【女子コーチ】明神憲一、井田貴子【映像分析】萩森涼【トレーナー】竹下ひとみ

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/10/10
■関連キーワード

            

人気記事ランキング