【世界選手権2019】「絶対に勝つぞという気持ちは、自分が上だったと思う(桃田)」<4日目:選手コメント-3>

8月22日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)4日目、各種目の3回戦が行なわれ、世界の頂点をめざす日本代表選手らが登場した。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

MS:桃田賢斗

3回戦:プラノイ・H.S.(インド)に2−0で勝利

1、2回戦とは違う緊張感や威圧感があり、少し気持ちの準備をしきれていない部分があったと思います。今日は相手もいいリズムで動いていて、少し構えてしまいました。相手の出方で自分がブレてしまったので、もっと早いタッチで攻撃しないといけないと思います。最後は、いくしかないと思いました。消極的になってラケットを振れなくなってきていたので、あそこで置きにいったら、やられていたと思います。

緊張した状態でも、あそこで踏み込んでプッシュに思いきっていけたのは、体が動けている証拠。合宿の成果がほんの一瞬、出たと思います。相手が向かってきているという感じはしますけど、絶対に勝つぞという気持ちは、自分が上だったと思います。1ゲーム目の19オールからの最後の2点は、それが出たところだと思います。

MS:西本拳太

3回戦:リー・ジジャ(マレーシア)に1−2で敗戦

惜しかったとは思いますけど、負けという結果に変わりはないので、しっかり受け止めて次につなげていきたいと思います。1ゲーム目は、相手の遅いペースの中でやられてしまったので、立て直したのですが、ファイナルゲームに入って相手もペースを上げてきました。何とかついていって、追いつけて、チャンスはあったので、もったいないというか、悔しい気持ちでいっぱいです。

最後は、いい意味で開き直って上から打っていけましたが、スマッシュからのプッシュもしのがれてしまい、決定打を打てる実力があれば勝てたと思うので、しっかり練習していきたいです。桃田選手と戦いたかった気持ちもありますけど、昨年がベスト16だったので、その壁を越えたかったのですが、次は壁を越えられるように頑張りたいです。最後の2点も近いようで遠いと思いますし、これから突き詰めていきたいです。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/23
■関連キーワード

               

人気記事ランキング