【世界選手権2019】「復調のきざしが見えたかなと思う(嘉村)」<選手コメント-4>

8月22日に開催された25回世界選手権(スイス・バーゼル)4日目、各種目の3回戦が行なわれ、世界の頂点をめざす日本代表選手らが登場した。ここでは、戦いを終えた選手たちの試合後のコメントを紹介しよう。

放送予定

バナーをクリックするとリンク先に移動します

MD:園田啓悟/嘉村健士(手前)

3回戦:譚強/何濟庭(中国)に2−1で勝利

園田 この大会は、すべての選手が取りたいタイトル。いつもと違って、モチベーションも高い中で、勝ちきれてよかったと思います。

嘉村 1ゲーム目を20-17のリードから取りきれていればよかったのですが、逆転されてしまいました。ただ、いままでの調子だったら、そこから0−2でやられていたと思いますが、もう一度自分たちらしいプレーができたので、復調のきざしが見えたかなと思います。(自分は)前で振って決めたい気持ちがありますが、どうしても球が思うように沈んでくれないので、かわす球などで強弱をつけて、うまくいったと思います。昨日の失敗を生かして、前からプッシュしてアウトになるのは避けられたと思いますし、無理に攻めにいって1点取られるよりも、相手の嫌がるところに打って、啓悟に打たせる形を多く使えればいいと思います。

WD:福島由紀/廣田彩花

3回戦:鄭雨/李汶妹(中国)に2−0で勝利

福島 まず(ジャパンOP敗戦の)リベンジができて、よかったです。要所で苦しい場面はありましたが、我慢して勝ちきることができました。ジャパンOPでは、パワーのあるペアに攻め切られて負けてしまったので、どうしのぐかを意識しました。2ゲーム目は、11点目からどちらに転ぶかわからないゲームでしたが、レシーブから攻めることができていたのがよかったと思います。

廣田 1ゲーム目の最後(※20-13から20-20に追いつかれた)は消極的になってしまい、長いラリーで我慢しきれないところがありました。長いラリーの中で頭の(次の展開を考えていく)意識が切れてしまうところがあったのは、反省点です。

(強打を打たないラリーで消耗戦に持ち込んだが?)疲れないわけはないですけど、相手は(体が大きく)レシーブも上手いので、体勢を崩さないと相手は止まらないので、しっかり揺さぶることを意識しました。

レポート・コメント・フォトギャラリーはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO

2018年大会の記事はこちら

MS=男子シングルス、WS=女子シングルス、MD=男子ダブルス、WD=女子ダブルス、XD=混合ダブルス


投稿日:2019/08/23
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング