【S/Jリーグ2018】トナミ運輸、日立情報通信Eが白星発進!<男子・Sブロック>

12月8日、バドミントン国内最高峰の団体リーグ戦「JTBバドミントンS/Jリーグ」が、富山県・高岡市民体育館で開幕した。

今季からS/Jリーグは男女ともに2チームが増えて各10チームとなり、2つのブロックに分かれてリーグ戦を争う。Sブロック、Jブロックの上位チーム2チームが順位決定戦である「TOP4」に進出し、S/Jリーグ王者を決定する。また、3位以下のチームによる順位決定戦も実施され、最下位チームは11月に行なわれたS/JリーグⅡの優勝チーム(男子:東海興業、女子:広島ガス)と入替戦に臨むことになる。開幕節となった高岡大会は土日の2日間にわたって開催。初日は男女ともに4試合が行なわれた。ここでは、男子Sブロックの熱戦をレポートする。

S/Jリーグ2018

Sブロック最初のオープニングゲームは、トナミ運輸VSトリッキーパンダース。トナミにとっては地元で迎えた開幕戦で、3連覇に勢いをつけたかったこの試合。その役割を担ったのが、第1ダブルスで出場したエースの園田啓悟/嘉村健士(写真左)だ。大声援を受けたソノカムは、米田健司/藤井一貴に対して、第1ゲームを11本、第2ゲームはわずか6本という完璧な試合を披露。続くシングルスに出場したトナミ・下農走は、開幕戦とリーグの単初出場という緊張から福田春樹に第1ゲームを奪われてしまうが、第2ゲーム以降に立て直して逆転勝ち。第2ダブルスの保木卓朗/小林優吾も勝利したトナミが、3連覇に向けて上々の滑り出しを見せた。

トナミ運輸・荒木監督

「3年ぶりに地元・高岡での開幕ということで、選手全員が緊張していたと思います。そのなかでも、ソノカムがしっかり流れを引き寄せてくれた。下農は初めて(リーグに)シングルスで出たので、緊張感があったと思います。ホキコバは2つ勝った後の試合だったので、気楽に入ってくれたんじゃないかな。しっかり3−0で勝てて好スタートを切れたと思います。明日もしっかりと勝って、“高岡大会で好スタート”というリーグになるように戦っていきたいです」

S/Jリーグ2018 Sブロックもう一試合は、昨季4位の日立情報通信エンジニアリングと、8位のJR北海道の一戦。日立は昨季、ともに5勝2敗と好成績を収めている竹内義憲(写真右)/松居圭一郎と塚本好喜/高野将斗を第1・2ダブルスに置き、シングルスは丸尾亮太郎というベストオーダーで挑んだ。そして、2複1単のいずれの試合でも、JR北海道を圧倒。第1ダブルスの竹内/松居が16本、16本で東野圭悟/渡部大に勝利すれば、続く丸尾も塚本光希に2−0でストレート勝ち。第2ダブルスの塚本/高野を含めて、全試合で2−0と完勝した日立が、悲願の初優勝に向けて好発進を決めた。

▼Sブロック試合結果

トナミ運輸(1勝) 3−0 トリッキーパンダース(1敗)

園田啓悟/嘉村健士②〔21−11、21−6〕0●米田健司/藤井一貴

下農走②〔17−21、21−11、21−14〕1●福田春樹

保木卓朗/小林優吾②〔21−16、21−14〕0●リャオ・ミンチュン/井谷和弥

 

日立情報通信エンジニアリング(1勝) 3−0 JR北海道(1敗)

竹内義憲/松居圭一郎 ②〔21−16、21−16〕0●東野圭悟/渡部大

丸尾亮太郎②〔21−18、22−20〕0●塚本光希

塚本好喜/高野将斗②〔21−10、21−15〕0 ●中峰信太朗/武石優斗

取材・文/吉井信行

写真/江見洋子、菅原淳


投稿日:2018/12/09

人気記事ランキング