【S/Jリーグ2018】日本ユニシスは3−0で勝利!三菱自動車京都も白星つかむ!<男子・Jブロック>

12月8日、バドミントン国内最高峰の団体リーグ戦「JTB バドミントンS/Jリーグ」が、富山県・高岡市民体育館で開幕した。今季からS/Jリーグは男女ともに2チームが増えて各10チームとなり、2つのブロックに分かれてリーグ戦を争う。Sブロック、Jブロックの上位チーム2チームが順位決定戦である「TOP4」に進出、S/Jリーグ王者を決定する。また、3位以下のチームによる順位決定戦も実施され、最下位チームは11月に行なわれたS/JリーグⅡの優勝チーム(男子:東海興業、女子:広島ガス)と入替戦に臨むことになる。

開幕節となった高岡大会は土日の2日間にわたって開催。初日は男女ともに4試合が行なわれた。ここでは、男子Jブロックの熱戦をレポートする。

S/Jリーグ2018

Jブロックは、昨季・準優勝の日本ユニシスと金沢学院クラブの試合が先にスタート。S/Jリーグとなってからまだ優勝がなく、王座奪還をめざすユニシスは、開幕戦の第1ダブルスに井上拓斗/金子祐樹を起用した。その井上/金子は、国際大会でも実績のある蘇敬恒(スー・チンヘン)と内定選手の中田政秀(中央大)のペアを相手に、第1・2ゲームとも11本と安定した試合運びでストレート勝ち。この勝利で流れをつかんだユニシスは、シングルスでも社会人2年目の渡邉航貴が、渡邊黎を相手にS/Jリーグ初白星となる16本、18本の勝利。第2ダブルスには世界ランク8位の渡辺勇大が岡村洋輝とのペアで勝利をおさめ、ユニシスが開幕戦を3−0の白星で飾った。

■日本ユニシス・坂本監督

「今季は5チームずつに分かれて戦う新しいリーグ戦。そのなかの1試合が終わりましたが、金沢学院さんは外国人選手や内定選手が入っているので、気を引き締めていかなければいけない相手だと試合前にみんなで話しました。渡邉航貴はこれがリーグ戦での初勝利。第2ダブルスに出場した岡村も含めて、うちの若手にとってはすごくいい経験になったと思います。明日のNTT東日本はシングルスもダブルスも強い。いい試合ができればと思っています」

S/Jリーグ2018Jブロックのもう一試合は、三菱自動車京都と東北マークスが対戦。昨季7位の三菱自動車京都と、日本リーグ(現S/JリーグⅡ)から復帰を果たした東北マークスにとっては、順位を争う上でお互いに負けられない試合となった。

この大事な試合で経験の差を見せたのが、トップカテゴリー3年目を迎えた三菱自動車京都だ。三菱は第1ダブルスを林谷理貴/内田裕太郎がファイナル勝負を制すれば、シングルスのエース・常山明良(写真)も菊地裕太(東北マークス)にストレート勝ち。第2ダブルスを迎える前に白星が確定させた。昨季は1勝のみに終わっていた三菱自動車京都が開幕戦から白星を得て、リーグ残り3試合に向けて弾みをつけた。

▼Jブロック試合結果

日本ユニシス(1勝) 3−0 金沢学院クラブ(1敗)

井上拓斗/金子祐樹②〔21−11、21−11〕0●蘇敬恒/中田政秀

渡邉航貴②〔21−16、21−18〕0●渡邊黎

渡辺勇大/岡村洋輝②〔16−21、21−16、21−8〕1●荒井大輝/川原祥人

 

三菱自動車京都(1勝)3−0 東北マークス(1敗)

林谷理貴/内田裕太郎②〔21−18、17−21、21−15〕1●鈴木大裕/伊佐勇希

常山明良②〔21−15、21−13〕0●菊地裕太

疋田聖也/西谷春樹②〔19−21、21−16、21−14〕1●佐伯健人/三浦光將

取材・文/吉井信行

写真/江見洋子、菅原淳


投稿日:2018/12/09

人気記事ランキング