【デンマークOP】男子ダブルスは園田&嘉村など3組が準々決勝進出!<3日目>

10月18日に開催されたBWFワールドツアー・デンマークOP(オデンセ・Super750)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

デンマークOP2018

シード選手らが苦杯を喫する場面が多い今大会。男子シングルスでは桃田賢斗(写真)、西本拳太、常山幹太の3選手が2回戦に登場。桃田はタイの若手選手を21-14、21-13のストレートで勝ちで退け準々決勝進出を決めたが、西本は中国選手に、常山は周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)にそれぞれ0−2で敗れて上位進出はならなかった。

デンマークOP2018

男子ダブルスは3組がベスト8入りを果たした。初戦で長身のロシアペアを下した園田啓悟/嘉村健士は、世界選手権で対戦した陳宏麟(チェン・フンリン)/王齊麟(ワン・チーリン/台湾)と激突。過去6戦5勝の相手ペアを16本、16本で制して2回戦を突破。井上拓斗/金子祐樹(写真手前)は地元のアントンセン/ノーア(デンマーク)を21-11、21-10で封じたほか、保木卓朗/小林優吾もインドネシアのペアを下して準々決勝に進出している。

デンマークOP2018

女子シングルスは奥原希望(写真)が、川上紗恵奈との日本人対決を制して準々決勝へ。山口茜はインドのサイナ・ネワールに0−2で敗れている。女子ダブルスは福島由紀/廣田彩花がデンマークペアに快勝したものの、中国&韓国OP優勝の髙橋礼華/松友美佐紀は韓国ペアに敗戦。米元小春/田中志穂と福万尚子/與猶くるみの日本人ペア対決は、米元/田中に軍配が上がっている。

混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗は、マレーシアのチャンPS/ゴーLY(マレーシア)に0−2で敗れ、準々決勝進出はならなかった。

日本選手の結果、準々決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

桃田賢斗②〔21−14、21−13〕0●サッパニュ・アビヒンサノン(タイ)41分

西本拳太●0〔20−22、12−21〕②黄宇翔(中国)44 分

常山幹太●0〔18−21、16−21〕②周天成(台湾)40分

▼準々決勝

周天成(台湾) − 孫完虎(韓国)

アンダース・アントンセン(デンマーク) − 黄宇翔(中国)

スリカンス・キダムビ(インド) − サミール・バラマ(インド)

桃田賢斗 − コーシット・ペッパダブ(タイ)

【女子シングルス】

奥原希望②〔21−15、21−14〕0●川上紗恵奈35分

山口 茜●0〔15−21、17−21〕②サイナ・ネワール(インド)36分

デンマークOP2018
山口茜がベスト8以上を逃したのは昨年の世界選手権(ベスト16)以来。ワールドツアーに限れば、2016年のインドネシアOP以来となる

▼準々決勝

戴資穎(台湾) − 陳雨菲(中国)

奥原希望 − サイナ・ネワール(インド)

何冰嬌(中国) − 蔡炎炎(中国)

グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(インドネシア) − リーネ・フォウマーク・カエスフェルト(デンマーク)

【男子ダブルス】

保木卓朗/小林優吾②〔21−12、21−18〕0●ハルディアント/アングリアワン(インドネシア)34分

井上拓斗/金子祐樹②〔21−11、21−10〕0●アントンセン/ノーア(デンマーク)31分

園田啓悟/嘉村健士②〔21−16、21−16〕0●陳宏麟/王齊麟(台湾)36分

デンマークOP2018
台湾ペアを下してベスト8に進出した園田啓悟/嘉村健士(左)

▼準々決勝

ギデオン/スカムルヨ(インドネシア) − 保木卓朗/小林優吾

井上拓斗/金子祐樹 − 園田啓悟/嘉村健士

韓呈愷/周昊東(中国) − セティアワン/アッサン(インドネシア)

廖敏竣/蘇敬恒(台湾) − ラングリッジ/エリス(イングランド)

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花②〔21−9、21−14〕0●フォウガード/トゥーグセン(デンマーク)44分

髙橋礼華/松友美佐紀●0〔18−21、14−21〕②キム/コン(韓国)47分

米元小春/田中志穂②〔21−18、21−15〕0●福万尚子/與猶くるみ47分

デンマークOP2018
安定感のある福島由紀/廣田彩花(右)が準々決勝進出

▼準々決勝

福島由紀/廣田彩花 − ポンナッパ/レッディ(インド)

米元小春/田中志穂 − 李茵暉/杜玥(中国)

ポリイ/ラハユ(インドネシア) − イストラニ/プラディプタ(インドネシア)

ジョンコパン/ラウィンダ(タイ) − キム/コン(韓国)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗●0〔18−21、16−21〕②チャンPS/ゴーLY(マレーシア)42分

デンマークOP2018
東アジア3連戦ではベスト8以上をキープしていた渡辺勇大(左)/東野有紗だったが、今回は2回戦で敗退

▼準々決勝

チャンPS/ゴーLY(マレーシア) − 徐承宰/蔡侑玎(韓国)

アーマド/ナトシール(インドネシア) − クリスチャンセン/ペデルセン(デンマーク)

ゴーSH/ライSJ(マレーシア) − デチャポル/サプシリー(タイ)

鄭思維/黄雅瓊(中国) − C・アドコック/G・アドコック(イングランド)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/10/19
■関連キーワード

               

人気記事ランキング