【デンマークOP】桃田、山口、タカマツが初戦を突破!<初日>

10月16日にBWFワールドツアー・デンマークOP(オデンセ・Super750)初日が開催され、各種目の1回戦の半分が行なわれた。

デンマークOP2018

A代表が中心となって参戦している日本は、男子シングルスの桃田賢斗(写真)がアンソニー・ギンティン(インドネシア)と対戦。アジア大会、中国OP決勝で敗れている相手に対し、桃田は第1ゲームを先取。第2ゲームは落としたものの、ファイナルゲームは21-15で制して初戦を突破した。女子シングルスは山口茜、奥原希望、川上紗恵奈、大堀彩の4選手が登場し、大堀を除く3選手が白星をつかんで2回戦に進出している。

デンマークOP2018

ダブルス勢は、男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士がロシアの長身ペアを、井上拓斗/金子祐樹がオランダペアを下して2回戦へ。女子ダブルスも髙橋礼華/松友美佐紀(写真右)、米元小春/田中志穂、福万尚子/與猶くるみの3組が勝利。混合ダブルスでは、渡辺勇大/東野有紗がジャパンOP3位の中国ペアをファイナル勝負の末に下して2回戦に勝ち進んでいる。

日本選手の結果、17日(残りの1回戦)の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

▼1回戦(16日)

桃田賢斗②〔21−18、21−23、21−15〕1●アンソニー・S・ギンティン(インドネシア)87分

▼1回戦(17日)

坂井一将 − ビクター・アクセルセン(デンマーク)

西本拳太 − ラスムス・ゲンク(デンマーク)

常山幹太 − ダレン・リュウ(マレーシア)

【女子シングルス】

▼1回戦(16日)

大堀彩●0〔18−21、21−23〕②リーネ・フォウマーク・カエスフェルト(デンマーク)41分

川上紗恵奈②〔21−16、21−8〕0●レイチェル・ホンデリッチ(カナダ)31分

奥原希望②〔21−19、21−18〕0●ニチャオン・ジンタポル(タイ)48分

山口茜②〔18−21、21−15、21−16〕1●ベートリッツ・コラレス(スペイン)51分

デンマークOP2018
タイの上位選手をストレートで退けた奥原希望
デンマークOP2018
カナダ選手に快勝した川上紗恵奈

▼1回戦(17日)

髙橋沙也加 − 戴資穎(台湾)

佐藤冴香 − 陳雨菲(中国)

【男子ダブルス】

▼1回戦(16日)

井上拓斗/金子祐樹②〔21−17、21−19〕0●アレンズ/ジルレ(オランダ)32分

園田啓悟/嘉村健士②〔27−25、21−10〕0●イワノフ/ソゾノフ(ロシア)39分

デンマークOP2018
オランダペアを下して2回戦に進出した井上拓斗(奥)/金子祐樹

▼1回戦(17日)

保木卓朗/小林優吾 − オンYS/テオEY(マレーシア)

遠藤大由/渡辺勇大 − 張楠/劉成(中国)

【女子ダブルス】

▼1回戦(16日)

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−14、21−14〕0●デリュー/パレルモ(フランス)43分

福万尚子/與猶くるみ②〔21−14、21−15〕0●レフェル/トラン(フランス)34分

米元小春/田中志穂②〔21−17、21−13〕0●マーグルンド/ラビン(デンマーク)

デンマークOP2018
フランスペアを2−0で制した福万尚子(左)/與猶くるみ

▼1回戦(17日)

福島由紀/廣田彩花 ブリッチ/スミス(イングランド)

松本麻佑/永原和可那 ピキ/ザイネン(オランダ)

【混合ダブルス】

▼1回戦(16日)

渡辺勇大/東野有紗②〔21−17、17−21、23−21〕1●何濟庭/杜玥(中国)51分

保木卓朗/永原和可那●1〔16−21、21−19、21−16〕②魯愷/陳露(中国)56分

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/10/17
■関連キーワード

      

人気記事ランキング