バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【韓国OP】桃田、坂井らが初戦を突破!園田&嘉村も2回戦へ!<2日目>

【韓国OP】桃田、坂井らが初戦を突破!園田&嘉村も2回戦へ!<2日目>

9月26日に開催されたBWFワールドツアー・韓国OP(ソウル・Super500)2日目は、各種目1回戦が行なわれた。

48020180926_1403_KoreaOpen2018_YVES5958

男子シングルスは桃田賢斗、西本拳太、坂井一将(写真)の3選手が勝利を飾り、2回戦に進出した。桃田、西本はそれぞれ2−0のストレートで勝利を手にしたほか、坂井はフランス選手とファイナル勝負の末に白星をつかんでいる。常山幹太はインドネシアのジョナタン・クリスティと対戦し、0−2で敗れた。女子シングルスは、山口茜が中国の若手選手を2−1で制したほか、ジャパンOP準優勝の奥原希望、髙橋沙也加も初戦を突破している。

ダブルスは男子4ペアが2回戦に進出した。園田啓悟/嘉村健士は、前週の中国OP(Super1000)で準優勝の周昊東(ツォウ・ハオドン)/韓呈愷(ハン・チェンガイ)を15本、14本で下したほか、井上拓斗/金子祐樹がドイツペアに2−0で勝利している。女子は世界女王の松本麻佑/永原和可那を除く4組が1回戦に登場し、すべてのペアが初戦を突破した。

韓国代表を引退している李龍大(右)は金基正とのペアで出場。初戦を突破した

海外選手では、元韓国代表で北京オリンピック混合ダブルス金メダルなど、数多くの好成績を残した李龍大(イ・ヨンデ/写真右)が、ダブルスの名手・金基正とのペアで出場。1回戦はロシアのイワノフ/ソゾノフを2−0で下して2回戦に進出。その2回戦では、日本の園田/嘉村と対戦する。

日本選手の結果、2回戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

常山幹太●0〔18−21、16−21〕②ジョナタン・クリスティ(インドネシア)36分

坂井一将②〔9−21、21−16、21−13〕1●ブリース・レベルデス(フランス)53分

西本拳太②〔21−23、21−11、23−21〕1●林祐賢(台湾)67分

桃田賢斗②〔21−16、21−17〕0●チョン・ウェイフェイ(マレーシア)39分

▼2回戦

坂井一将 − 周天成(台湾)

西本拳太 − 林丹(中国)

桃田賢斗 − アンダース・アントンセン(デンマーク)

【女子シングルス】

山口 ②〔21−16、11−21、21−15〕1●韓悦(中国)46分

髙橋沙也加②〔21−9、21−11〕0●リアニー・アレッサンドラ・マイナキー(インドネシア)28分

川上紗恵奈②〔21−10、21−13〕0●江穎麗(台湾)26 分

大堀 彩●1〔21−18、16−21、13−21〕②成池鉉(韓国)59分

佐藤冴香●0〔9−21、19−21〕②ラチャノック・インタノン(タイ)34分

奥原希望②〔21−9、21−8〕0●李佳馨(台湾)22分

韓国OP2018
大堀彩は韓国のエース・成池鉉とファイナルゲームを演じたが最後は13-21で敗れた

▼2回戦

山口茜 − 陳曉欣(中国)

川上紗恵奈 − 高昉潔(中国)

髙橋沙也加 − 張藝曼(中国)

奥原希望 − イップ・プイイン(香港)

【男子ダブルス】

井上拓斗/金子祐樹②〔21−13、21−18〕0●ラムスフス/ザイデル(ドイツ)37分

園田啓悟/嘉村健士②〔21−15、21−14〕0●周昊東/韓呈愷(中国)29分

遠藤大由/渡辺勇大②〔26−24、21−18〕0●李芳任/李芳至(台湾)50分

保木卓朗/小林優吾②〔21−8、21−14〕0●P・チュウ/R・チュウ(アメリカ)

▼2回戦

園田啓悟/嘉村健士 − 金基正/李龍大(韓国)

保木卓朗/小林優吾 − 陳宏麟/王齊麟(台湾)

遠藤大由/渡辺勇大 − 欧烜屹/任翔宇(中国)

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花②〔21−14、21−10〕0●張淨惠/楊景惇(台湾)30分

米元小春/田中志穂②〔21−15、15−21、21−11〕1●曹彤威/鄭雨(中国)58分

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−17、19−21、21−10〕1●金昭英/蔡侑玎(韓国)63分

福万尚子/與猶くるみ②〔13−21、22−20、21−15〕1●プッティタ/スピッサラ(タイ)64分

48020180926_1828_KoreaOpen2018_YVES2168
中国OP優勝の髙橋礼華(奥)/松友美佐紀は地元韓国ペアを2−1で下して2回戦へ

▼2回戦

福島由紀/廣田彩花 − エフラー/ハートリッチ(ドイツ)

福万尚子/與猶くるみ − ハリス/プレディプタ(インドネシア)

米元小春/田中志穂 − 湯金華/于小含(中国)

松本麻佑/永原和可那 − 余芊慧/ペン・リーティン(台湾)

髙橋礼華/松友美佐紀 − リ・イェナ/ソン・アヨン(韓国)

【混合ダブルス】

▼2回戦

渡辺勇大/東野有紗 − 金元昊/ベク・ハナ(韓国)

金子祐樹/松友美佐紀 − デチャポル/サプシリー(タイ)

【お詫びと訂正】

本稿の冒頭部分で、「混合ダブルスを除く4種目の1回戦が行なわれた」と掲載しましたが、大会2日目は混合ダブルスの4試合が実施されていました。お詫びして訂正いたします。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/09/27
■関連キーワード