バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【韓国OP】渡辺&東野、金子&松友が1回戦を突破!<初日>

【韓国OP】渡辺&東野、金子&松友が1回戦を突破!<初日>

9月25日にBWFワールドツアー韓国OP(ソウル/Super500)が開幕した。初日は各種目の予選、混合ダブルス1回戦が行なわれた。

韓国OP2018

日本勢は混合ダブルスの1回戦に、3ペアが登場。ジャパンOPベスト4の渡辺勇大/東野有紗、金子祐樹/松友美佐紀が勝利をつかみ2回戦に進出した。保木卓朗/米元小春は、台湾ペアに0−2で敗れ初戦敗退となった。

日本選手の結果は以下の通り。

【混合ダブルス】

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−18、21−13〕0●リバルディ/メンタリ(インドネシア)27分

渡辺勇大/東野有紗②〔17−21、21−15、21−11〕1●ラムスフス/ハートリッチ(ドイツ)54分

保木卓朗/米元小春●0〔15−21、19−21〕②王齊麟/李佳馨(台湾)30分

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/09/25
■関連キーワード