バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界選手権2018】世界一目前!桃田賢斗が完勝で決勝進出!<準決勝>

【世界選手権2018】世界一目前!桃田賢斗が完勝で決勝進出!<準決勝>

8月4日に開催された世界一を決める最高峰の舞台『24回世界選手権』(中国・南京)6日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは男子シングルス・桃田賢斗の結果をお伝えしよう。世界選手権2018

男子シングルス日本人史上初の優勝に向けて、準決勝に登場した桃田賢斗。3年ぶりの世界選手権出場で連勝を重ね、前日の準々決勝を快勝した。準決勝では「守り勝ちたい」と語り、強打を武器にするダレン・リュウ(マレーシア)と対戦した。

第1ゲームは前半からリュウが高い打点からスマッシュを放ち、桃田にプレッシャーをかける。ネット前の入りも速く「どんどん攻撃して決まるとリズムに乗ってくる」相手に、格上の桃田も序盤は苦戦した。

しかし、この4月末のアジア選手権優勝から約3カ月の間に、多くのトップ選手と対峙し、撃破してきた桃田は冷静だった。「タイミングを外していけばペースダウンする。いろんなショットを匂わせれば相手も構えづらくなるので、そうやってペースを落とそうとした」と、相手の速い流れに付き合わず、守備からしっかりラリーを構築。13オールと競った場面から17-13と抜け出し、さらにここからスピードを上げて第1ゲームを制した。

「ディフェンスがしっかりできれば勝機があると思っていた」と桃田が振り返るように、第2ゲームは相手のショットをことごとく拾い、主導権を渡さなかった。リュウも為す術がなくなったのか、前半に早々と失速。「自分のペースにもっていけたので、それが勝因です」と、第2ゲームは21-5の圧勝だった。

これで桃田は世界選手権男子シングルスで、日本人初の決勝進出を決めた。決勝の相手は「ディフェンス、アタック、スタミナ、パワー、どれをとっても世界トップ」と評する、地元中国の石宇奇(シー・ユーチー)。世界一を争う相手に不足はない。未知なる領域まで、あと一歩だ。

▼準決勝

桃田賢斗②〔21−16、21−5〕0●ダレン・リュウ(マレーシア)38分

▼決勝

桃田賢斗 − 石宇奇(中国)

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!

詳しくはコチラ

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/北川外志廣


投稿日:2018/08/05
■関連キーワード