バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界選手権2018】園田啓悟&嘉村健士 記者会見コメント<一問一答>

【世界選手権2018】園田啓悟&嘉村健士 記者会見コメント<一問一答>

8月4日、世界一を決める最高峰の舞台である「第24回世界選手権」(中国・南京)の準決勝が行なわれた。男子ダブルス準決勝に進出した園田啓悟/嘉村健士は、台湾の陳宏麟(チェン・フンリン)/王齊麟(ワン・チーリン)を2−0で破り、同種目で日本ペア史上初の決勝進出を決めた。ここでは記者会見のコメントを紹介しよう。

世界選手権2018

−−今日の試合について振り返ってください

嘉村(左) 上げてしまったら相手のスマッシュが取れないのはわかっていたので、できるだけ自分たちが攻撃できるように、自分がしっかりゲームメイクをして、園田に打たせる気持ちでやっていました。最後はサービスまわりで決まったと思います

園田 今回の世界選手権は、2人で優勝するという気持ちで臨んでいます。昨日、ギデオン/スカムルヨに勝ちましたが、終わった後も気を引き締めて今日の試合に臨んだので、今日も気を引き締めて明日(決勝)に臨みたいです。

−昨日の大一番(ギデオン/スカムルヨ戦)をとった後で、今日の試合も大事だったと思います。気持ちの面などでどういうことを共有して試合に入ったのか。

嘉村 昨年は銅メダルを取って気持ちが抜けたところがあって、ズルズルやられてしまった。今回は昨日の試合で勝っても、うれしい気持ちを抑えて、次に勝つことだけを意識して臨んだ結果、いい試合ができたのかなと思います。

−−接戦の1ゲーム目を振り返って

園田 第1ゲームは、終盤すごいシーソーゲームでしたが、自分たちが積極的に最後まで攻撃を貫けたのがよかったと思います。

−−試合前は女子ダブルスも男子シングルスも勝っていた。それは背中を押してくれた面もあったのか。

嘉村 そうですね。自分は昔からいっていますが、女子には負けないっていうつもりでやっているので、桃田賢斗が勝ってくれて自分たちもその勢いに乗ることができたので、前の選手たちにはすごい感謝です。

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!

詳しくはコチラ

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/08/05
■関連キーワード