バトミントンTOP海外ニュース主要国際大会 ≫ 【世界選手権2018】園田&嘉村が完勝!男子ダブルス初優勝に王手!<準決勝>

【世界選手権2018】園田&嘉村が完勝!男子ダブルス初優勝に王手!<準決勝>

8月4日に開催された世界一を決める最高峰の舞台『24回世界選手権』(中国・南京)6日目は、各種目準決勝が行なわれた。ここでは男子ダブルスの結果をお伝えしよう。 記者会見のコメントは こちら

世界選手権2018

園田啓悟/嘉村健士の本領発揮だ。準々決勝で世界ランク1位のギデオン/スカムルヨ(インドネシア)を下してノリにノッている日本の第一人者。準決勝は日本の井上拓斗/金子祐樹を準々決勝で沈めた陳宏麟(チェン・フンリン)/王齊麟(ワン・チーリン/台湾)と激突した。

大きな体格から強打を打ち込む相手を前に、嘉村は「上げたら相手のスマッシュが取れないことはわかっていた」と得意の低空戦で勝負に出る。第1ゲームは互いにポイントを奪い合う好ゲームとなり、ドライブ、スマッシュの応酬が続く。どちらも積極的に仕掛けて17オール。ここで先に抜け出したのは園田/嘉村だ。「シーソーゲームとなったが、自分たちが積極的に攻撃を貫けたのがよかった」と園田。

第2ゲームに入ると、前半のせめぎ合いでペースを掌握した園田/嘉村が躍動する。9−7から一挙7連続得点で突き放す。「しっかりゲームメークできた」という嘉村の前衛は鋭さが増し、園田もドライブ勝負で豪快に攻め込み相手を粉砕。終わってみれば21-10。園田/嘉村が低空戦で台湾ペアを制圧し、同種目史上初の決勝進出を決めた。

▼準決勝

園田啓悟/嘉村健士②〔21−17、21−10〕0●陳宏麟/王齊麟(台湾)37分

▼決勝

園田啓悟/嘉村健士 − 李俊慧/劉雨辰(中国)

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!

詳しくはコチラ

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/北川外志廣


投稿日:2018/08/05
■関連キーワード

                  



閉じる