【世界選手権2018】選手コメント⑥~「まずは去年の結果を超えたい」(渡辺勇大)

7月30日、中国・南京で「第24回世界選手権」が開幕する。7月19日には東京・六本木ヒルズアリーナにて、日本代表選手発表&公開記者会見が行なわれ、会見後には各選手が囲み取材に対応した。ここでは、男子ダブルスと混合ダブルスの2種目に出場する渡辺勇大と、パートナーである遠藤大由、東野有紗のコメントを紹介する。

渡辺勇大が今大会の意気込みとしてフリップに書き込んだのは「夢中」という言葉
渡辺勇大が今大会の意気込みとしてフリップに書き込んだのは「夢中」という言葉

渡辺勇大(日本ユニシス)

「(今大会の目標は)たぶん自分は名前がかなり先行していて、実力はまだまだ追いついていない。大きなことをいうと名前だけ先行してしまうと思うので(笑)、まずは去年の結果を超えられるように意識してやっていきたいです。最近の遠征の結果は、少なからず自信になっているというのは確かです。でも、たまたま結果が出ただけかもしれない。勝ち続けるプレーがどういうものなのか、今回の世界選手権や、今後続いていく大会で見つけられればと思います。(ミックスと兼ねることに関しては)まだまだ自分は若いので、体力面で困ったことはありません。自分にとって2種目やるのは普通のこと。2種目やることで、それぞれの種目につながる部分がたくさんあると思っています。
(ミックスでの目標は)去年の世界選手権は結構すぐに負けてしまいました。今回は、その成績は超えたいなという気持ちです。この3週間の海外遠征も悪くはなかったので(編集部注:マレーシアOPベスト4、インドネシアOPベスト8)、かなり自信はついてきていると思います。自分たちがやってきていることはずっと変わらないですし、それが間違っていないから少しずつ結果が出て、ランキングが上がってきているのだと感じています」

男子ダブルスに出場する遠藤大由(右)/渡辺勇大
昨年は2回戦で敗れた遠藤(右)/渡辺。今年は「リベンジしたいです」(遠藤)

遠藤大由(日本ユニシス)

「今大会の最終目標はメダルですけど、自分たちのプレーをすることが目標でもあります。(3週間の海外遠征を振り返って)コンディションはいいと思います。いまはいろいろなプレーを試している段階。それがうまくハマって結果が出たのかはわからないですけど(マレーシアOPとタイOPで準優勝)、プレーの幅が広がってきたかなと。たとえば、全英OPのときは二人でプレッシャーをかけるイメージでしたけど、今回は勇大が基準になって、前でプレッシャーをかけたりしていました。いまは以前より二人で話すようになっていますね。些細なことでも伝えて、自分たちが求めているローテーションになればと思っています」

東野がフリップに書いた意気込みは「飛躍」だった
東野がフリップに書いた意気込みは「飛躍」

東野有紗(日本ユニシス)

「(3月の)全英OPで優勝して少し自信がついてきているので、世界バドミントンでは優勝できるように頑張りたいです。(全英OP以降にやってきたことは)全英が終わってからは、コンスタントにベスト8に入ろうという話はしていました。この3週間の遠征では、3週目以外は、自分たちのなかでいいパフォーマンスができたと思います。今回の世界バドミントンでもいいパフォーマンスができれば結果はついてくると思うので、これからの合宿でもっともっと練習して、いい結果を残せるように頑張りたいです」

渡辺勇大(左)/東野有紗
全英OPを制した自信を胸に世界選手権に挑む渡辺勇大(左)/東野有紗

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!詳しくはコチラ

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原淳

 

投稿日:2018/07/27
■関連キーワード

            

人気記事ランキング