【世界選手権2018】選手コメント⑦~「踏まれても這い上がる”雑草魂”で頑張りたい」(西本拳太)

7月30日、中国・南京で「第24回世界選手権」が開幕する。7月19日には東京・六本木ヒルズアリーナにて、日本代表選手発表&公開記者会見が行なわれ、会見後には各選手が囲み取材に対応した。ここでは、世界選手権は初出場となる男子シングルスの西本拳太と、女子ダブルスの松本麻佑&永原和可那のコメントを紹介する。

公開会見で発表した意気込みを記したフリップには、「雑草魂」と書いた西本拳太
公開会見で発表した意気込みを記したフリップには、「雑草魂」と書いた西本拳太

西本拳太(トナミ運輸)

「(今シーズンを振り返って)4月に入ってからの結果や内容には、あまり満足していません。トマス杯では自分らしい面を出せた部分もありましたが、この3週間の遠征では、それができずに敗れてしまう試合もありました。原因は、気持ちの部分です。以前までは、ただただアグレッシブに挑戦者の気持ちで戦えていたのに、世界ランクのトップ10が見えてきて、勝たなければいけないとか、そういった変なプレッシャーを感じてしまったかなと。でも、そのなかでも、自分のやることは変わらない。いまは、さらにステップアップするための我慢の時期だと思うので、しっかり我慢してやっていきたいです。
(公開会見では「雑草魂」と意気込みを掲げていたが)踏まれても、踏まれても、我慢する。いつか絶対に這い上がって飛躍できるように、という意味を込めました。今大会の目標は、“最低メダル”。自分にプレッシャーをかける意味でも、自分を鼓舞する意味でも、そのくらいの気持ちで頑張りたいです。得意のフィジカル勝負で、長い試合に持ち込んで勝ち抜ければチャンスはあると思うので、チャンスをつかめるように準備を怠らずにやっていきたいと思います」

AQ3I0604[1]
世界選手権は小学生の頃から見ていたという西本。「その舞台に立てる幸せをかみ締めながら頑張りたい」

松本麻佑&永原和可那(北都銀行)

AQ3I0245[1]
松本(右)/永原の意気込みは「全力疾走」。上背を生かした攻撃力を武器に、世界の強豪たちに挑む
永原和可那
「(準優勝したインドネシアOPを振り返って)初めて決勝に上がれたので、自信になりました。準決勝で戦った中国ペアには前回ファイナルで負けていましたが、今回は挑戦する気持ちでプレッシャーなく、自分たちのいい部分を出すことができた。自分たちらしいプレーができれば格上にも勝っていけるとわかったのは大きいです。(成長を感じる部分は)一番変わったのは、精神的な部分です。あとは、勝ち方の部分でも、以前なら負けてしまうパターンでも、いまはそこから二人で勝ちに結びつけられる試合も多くなってきました。引き出しが増えたというか、攻撃の幅が広がってきたと思います。世界選手権では、しっかり結果を出せるように頑張りたいです」
松本麻佑
「(この1年の成長について)精神的な面が大きいと思います。私たちはもともと経験が少ないペアで、上の舞台で戦うとすごく緊張をしてしまい、自分たちのプレーが出せないことが多かったんです。でも、経験を重ねていくにつれて、大舞台にも慣れてきたかなと。インドネシアOPで、いつも負けていた準決勝を突破できたのは、そういった成長があったからだと思います。試合では、自信を持って戦うのが一番だと思うので、世界選手権でも二人で自信を持って戦いたいです」

成長著しい22歳の若手ペア。
ペア結成5年目の成長著しい若手ペア。インドネシアOP決勝進出で得た自信を世界選手権につなげる

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!詳しくはコチラ

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原 淳


投稿日:2018/07/27

人気記事ランキング