【世界選手権2018】桃田賢斗、山口茜らが世界一をめざす!<男女シングルス展望>

バドミントンの世界一を決める第24回世界選手権(BWF主催)が、7月30日から8月5日まで中国・南京で開催される。今回は開幕直前企画として『バドミントン・マガジン8月号』に掲載中の展望記事をバド×スピ!に特別公開! ここでは、男子シングルスと女子シングルスを紹介しよう!(※展望記事は出場選手の変更、締め切り後の大会記録なども反映しています)

男子シングルス
日本のエース・桃田賢斗が初優勝なるか!?

誰もが夢見る“世界一”。その栄光に最も近い存在が桃田賢斗だ。4月以降の個人戦ではアジア選手権優勝、インドネシアOP優勝。トマス杯では6戦全勝の活躍も見せた。優勝候補の筆頭であり、世界が最も警戒する存在だ。
これに続くのは、昨年の覇者ビクター・アクセルセン(デンマーク)。連覇をねらう王者はコンディションを取り戻しており、勢いに乗れば、その攻撃には手がつけられない。ここに絡むのは、中国の諶龍(チェン・ロン)、石宇奇(シー・ユーチー)や、台湾の周天成(チョウ・ティエンチェン)といった面々で、その中でも今季2タイトルを獲得した石宇奇は抜群の安定感が魅力。桃田にとっての、大きな壁となる可能性も十分だ。
なお、悲願の世界一をねらったリー・チョンウェイ(マレーシア)は、世界選手権を欠場することをマレーシア協会が発表。同協会によると、呼吸器系の疾患にかかったことが理由だという。

【PICK UP PLAYER】

桃田賢斗
◆2018年の主な成績
アジア選手権優勝、マレーシアOP準優勝
インドネシアOP優勝

準優勝を飾ったトマス杯ではWR上位選手を次々と撃破。フィジカル面の充実で、連戦でも崩れない強さが光る。世界一に向けて視界は良好!
準優勝を飾ったトマス杯ではWR上位選手を次々と撃破。フィジカル面の充実で、連戦でも崩れない強さが光る。世界一に向けて視界は良好!

ビクター・アクセルセン(デンマーク)
◆2018年の主な成績
インドネシアOP準優勝、ヨーロッパ選手権優勝
マレーシアマスターズ優勝

昨年、王者に輝いたヨーロッパの若き才能。 長身から繰り出す強烈なスマッシュはもちろん、テクニックも世界トップクラス!
昨年、王者に輝いたヨーロッパの若き才能。 長身から繰り出す強烈なスマッシュはもちろん、テクニックも世界トップクラス!

<日本選手出場者>
桃田賢斗、西本拳太、常山幹太

※7月11日付で男子シングルスの出場が決まった常山幹太選手は、締め切りの都合上、本誌の企画内で名前を掲載することはできませんでした。
※出場が決定していた坂井一将選手は、日本協会から7月27日に欠場が発表されました。

女子シングルス
世界ランク1位の戴資頴を

日本のWエースらが追随

戴資頴(タイ・ツーイン/台湾)の独走を誰が止めるか――。 女子単の焦点はこれに尽きる。 昨年は地元開催のユニバーシアード参戦で、世界選手権を欠場。3年ぶりの世界一挑戦となるが、今季の実績、戦いぶりを見てもダントツのV候補なのは間違いない。
対抗馬は、日本のWエース・山口茜と奥原希望。山口はユーバー杯準々決勝で戴資穎に敗れたが、好勝負を演じて手応えをつかんだ。奥原は右ヒザの状況が結果を左右しそうだが、そこは持ち前の調整力で乗りきるはず。
これに続くのがプルサラ・V・シンドゥ(インド)、ラチャノック・インタノン(タイ)、 韓国の成池鉉(スン・ジヒュン)の上位常連組。タイトルから遠ざかっている元女王キャロリーナ・マリーン(スペイン)も虎視眈々と久々のVをねらう。地元優勝に挑む何冰嬌(ヘ・ビンジャオ)、陳雨菲(チェン・ユーフェイ)は、ファンの声援を力に変えられるかが鍵となる。

【PICK UP PLAYER】

戴資頴(台湾)
◆2018年の主な成績
全英OP優勝、インドネシアOP優勝
アジア選手権優勝

今年はすでにハイレベルな大会で5度優勝を果たすなど、現時点で世界一に最も近い存在。縦横無尽にコートを駆け、チャンスとみるやパワフルな攻撃を仕掛けていく。
今年はすでにハイレベルな大会で5度優勝を果たすなど、現時点で世界一に最も近い存在。縦横無尽にコートを駆け、チャンスとみるやパワフルな攻撃を仕掛けていく

山口 茜
◆2018年の主な成績
全英OP準優勝、ドイツOP優勝
マレーシアマスターズ4強

4月には同種目で日本人初となるWR1位に到達。日本のWエースの一角を担う。鋭いスマッシュや素早いフットワークでチャンスを構築。総合力でも世界上位の実力を持つ
4月には同種目で日本人初となるWR1位に到達。日本のWエースの一角を担う。鋭いスマッシュや素早いフットワークでチャンスを構築。総合力でも世界上位の実力を持つ

奥原希望
◆2018年の主な成績
タイOP優勝、全英OP8強
インドネシアマスターズ8強

昨年、日本選手として40年ぶりの世界一に輝いた。頭脳明晰な配球でポイントを奪うインテリジェンスプレーヤー。球際の強さも天下一品だが、ヒザのケガの回復状況が懸念材料
昨年、日本選手として40年ぶりの世界一に輝いた。頭脳明晰な配球でポイントを奪うインテリジェンスプレーヤー。球際の強さも天下一品だが、ヒザのケガの回復状況が懸念材料

<日本選手出場者>
山口茜、奥原希望、大堀彩、佐藤冴香

世界バドミントン2018 CSテレ朝チャンネル2にて放送!
詳しくはコチラ

構成/バドミントン・マガジン編集部(本誌8月号・P18-19の記事を加筆・修正して再掲載)
写真/菅原 淳、Getty Images


投稿日:2018/07/27
■関連キーワード

               

人気記事ランキング