日本は銅メダルを獲得! アジアジュニアU19選手権《団体戦》

6月30日、7月1日に開催されたアジアジュニアU19選手権(タイ・バンコク)は、団体戦の決勝トーナメントが行なわれた。準々決勝でインドと対戦した日本は3−1で勝利すると、準決勝で優勝候補の中国と激突。最初の混合ダブルスをストレートで落とすと、続く男子シングルス、男子ダブルスも連敗し0−3で敗戦。昨年に引き続き、団体戦銅メダルを獲得した。

なお、決勝は中国と韓国が対戦し、中国が韓国を3−0で破り見事優勝を果たしている。

 

■決勝トーナメント結果

◆準々決勝(6月30日)

日本 3−1 インド

混合ダブルス

志田千陽/渡辺勇大 ○2−0

 

男子シングルス

小倉由嵩 ●1−2

 

男子ダブルス

渡辺勇大/三橋健也 ○2−0

 

女子シングルス

荒木萌恵 ○2−0

 

韓国 3−1 香港

インドネシア 3−2 タイ

中国 3−0 マレーシア

 

◆準決勝(6月30日)

韓国 3−2 インドネシア

日本 0−3 中国

混合ダブルス

渡辺勇大/志田千陽 ●0−2

 

男子シングルス

渡邉航貴 ●1—2

 

男子ダブルス

渡辺勇大/三橋健也 ●0−2

 

※3位決定戦は行なわれず、日本は銅メダルを獲得

 

◆決勝(7月1日)

中国 3−0 韓国

 

銅メダルを獲得した日本チーム。表彰後には笑顔を見せた
銅メダルを獲得した日本チーム。表彰後には笑顔を見せた

 

大会には現地に住む日本人会の方々が応援にきてくれた。応援団にあいさつをする選手たち
大会には現地に住む日本人会の方々が応援にきてくれた。応援団にあいさつをする選手たち

投稿日:2015/07/01
■関連キーワード

人気記事ランキング