奈良岡功大がオリンピアンと熱戦! 

7月1日に開幕したホワイトナイツ・インターナショナルチャレンジ(ロシア・ガッチナ)は、予選、本戦1回戦が行なわれた。日本からは中学2年生ながら自費参加している奈良岡功大が出場し、1日に行なわれた予選では地元ロシア選手をストレートで圧倒。見事本戦への出場を決めた。

 

7月2日に行なわれた本戦1回戦では、12年ロンドン五輪に出場したスペインのパブロ・アビアン(世界ランキング45位)と対戦。今年から始まった欧州大会を制して勢いに乗る29歳のベテランに対して、奈良岡はパワーや経験値で劣るものの、ねばり強くシャトルを追いかけてリードを奪う場面をつくった。しかし、勝負所でのミスが響き、試合はストレートで敗戦。それでも、相手の本気のプレーを引き出し、45分間の試合をきっちり戦い抜いてみせた。

 

日本から遠く離れたロシアの地で、“オトナ”の選手への挑戦となった今大会。この経験は、きっと次への大きな糧となるはずだ。

 

奈良岡功大の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

■予選1回戦

奈良岡功大②〔21−6、21−9〕0●イワン・ハイメノク(ロシア)18分

 

※予選2回戦は試合が行なわれず、奈良岡は本戦に出場が決定

 

■本戦1回戦

奈良岡功大●0〔16−21、15−21〕②パブロ・アビアン(スペイン)45分

 

※本人、監督のコメントなどは後日掲載予定。

 

48002
パブロ・アビアンと試合前にアップをする奈良岡功大(奥)。この直後の試合では相手の全力のプレーを引き出すなど、格上相手にもしっかり自分のプレーを発揮し善戦

 

 

48001
大会会場の『スポーツホールARENA』をバックに

 

 

 


投稿日:2015/07/02
■関連キーワード

人気記事ランキング