女子シングルスは日本選手の優勝が確定! USOP《GPG》準々決勝

6月19日(日本時間20日)、USOP4日目が開催され、各種目で準々決勝が行なわれた。

女子シングルスは山口茜、佐藤冴香、髙橋沙也加、奥原希望の4選手が勝ち上がり、準決勝2試合は日本人対決(山口—佐藤、奥原—髙橋)となった。女子ダブルスも栗原文音/篠谷菜留と福万尚子/與猶くるみの2組が残っており、それぞれが他国の強敵ペアと準決勝を争う。

 

男子シングルスでは全員敗退となったが、男子ダブルスで園田啓悟/嘉村健士と保木卓朗/小林優吾が残り、準決勝は園田/嘉村がインドペアと、保木/小林が中国ペアと対戦する。

 

日本選手の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

上田拓馬●0〔11-21、19-21〕②周天成(台湾)44分

西本拳太●0〔10-21、16-21〕②ハンス・クリスチャン・ヴィテンフス(デンマーク)42分

 

【女子シングルス】

山口茜②〔21—23、21—13、21—16〕1●カースティ・ギルモア(スコットランド)63分

奥原希望②〔21—8、21—15〕0三谷美菜津38分

髙橋沙也加②〔21-17、22-20〕0●張雁宜(香港)38分

佐藤冴香②〔21—7、8—21、21—9〕1●沈雅穎(中国)42分

 

【男子ダブルス】

数野健太/山田和司●1〔13-21、21-19、18-21〕②李俊慧/劉雨辰(中国)48分

嘉村健士/園田啓悟②〔21—13、19—21、21—18〕1●リー/リー(台湾)53分

保木卓郎/小林優吾②〔21—18、21—15〕0●デチャポル/キッティヌポン(タイ)28分

 

【女子ダブルス】

栗原文音/篠谷菜留②〔22—20、21—14〕0●黃美菁/劉淑芝(台湾)36分

福万尚子/與猶くるみ②〔21—11、21—19〕0●松尾静香/内藤真実50分

 

■選手名

周天成(チョウ・ティエンチェン)

黃美菁(メイ・チンファン)

劉淑芝(リュウ・シューチン)

李俊慧(リー・ジュンフイ)

劉雨辰(リュウ・ユーチン)

沈雅穎(シェン・ヤーイン)

張雁宜(チャン・ガンイ)


投稿日:2015/06/20
■関連キーワード

            

人気記事ランキング