栗原&篠谷が決勝に進出! USOP《GPG》準決勝

6月20日(日本時間21日)、USOP5日目が開催され各種目で準決勝が行なわれた。

日本選手同士の対戦となった女子シングルスは、奥原希望、佐藤冴香が制して決勝に進出。女子ダブルスは栗原文音/篠谷菜留がインドペアを下し、こちらも決勝に進んだ。男子ダブルスは園田啓悟/嘉村健士と保木卓朗/小林優吾が準決勝に挑んだが、惜しくも敗れて4強となった。

 

各種目の結果は以下の通り。

 

【男子シングルス】

ハンス・クリスチャン・ヴィテンフス(デンマーク)②〔12−21、21−11、21−13〕1●周天成(台湾)51分

リー・チョンウェイ(マレーシア)②〔21−9、21−17〕0●サイプラニース・B.(インド)34分

 

【女子シングルス】

奥原希望②〔21−18、21−10〕0●髙橋沙也加46分

佐藤冴香②〔22−24、21−11、21−8〕1●山口茜48分

 

【男子ダブルス】

アットリ/スミース・レディー・B.(インド)②〔21−17、21−17〕0●嘉村健士/園田啓悟34分

李俊慧/劉雨辰(中国)②〔21−17、18−21、21−11〕1● 保木卓郎/小林優吾49分

 

【女子ダブルス】

栗原文音/篠谷菜留②〔21−17、21−11〕0●グッタ/ポンナッパ(インド)38分

於洋/鐘倩欣(中国)②〔21−18、21−5〕0●福万尚子/與猶くるみ39分

 

【混合ダブルス】

 

黄凱祥/黄東萍(中国)②〔21−13、12−21、21−15〕1●フックス/ミシェルズ(ドイツ)52分

李晉熙/周凱華(香港)②〔21−19、21−17〕0●アレンドス/ピーク(オランダ)32分

 

 

■選手名

周天成(チョウ・ティエンチェン)

李俊慧(リー・ジュンフイ)

劉雨辰(リュウ・ユーチン)

於 洋(ユー・ヤン)

鐘倩欣(ツォン・チャンシン)

黄凱祥(ファン・カイシャン)

黄東萍(ファン・ドンピン)

李晉熙(リー・チュンヘイ)

周凱華(チョウ・ホイワー)

 

投稿日:2015/06/21
■関連キーワード

            

人気記事ランキング