【デンマークOP】「自分が気持ちで押されてしまった」(桃田)選手コメント-3

10月24日にBWFワールドツアー・デンマークOP(オデンセ/SUPER1000)最終日は、各種目の決勝戦が行なわれた。ここでは、決勝を戦った日本選手のコメントを紹介する。

初日結果 / 2日目結果

3日目結果 / 4日目結果

5日目結果  最終日結果

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

男子シングルス
準優勝:桃田賢斗

1ゲーム目はいつも先行されるので焦りはなかったです。2ゲーム目は、横風が少しあるかなと感じたけど、(実際は)思いの外伸びず、それでジャッジミスをしてしまったのが敗因かなと思います。

(疲れについては)お互いが出しきっている状態で、自分が気持ちで押されてしまったという感じでした。彼との試合は内容も濃くて厳しいですけど、自分自身が成長できている手応えもあります。ずっと調子は悪かったけど、今大会でふっきれた部分もあるので、次の大会につながればいいなと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング