【デンマークOP】山口茜、髙橋沙、大堀彩などユーバー杯出場選手らが2回戦進出!<2日目結果>

10月20日にBWFワールドツアー・デンマークOP(オーフス/SUPER1000)2日目は、各種目残りの1回戦が行なわれた。

初日の結果

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

女子シングルスはユーバー杯に出場した髙橋沙也加(上写真)、山口茜、大堀彩の3選手が登場。山口はデンマークのリーネ・フォウマーク・カエスフェルトに第1ゲームを21-23で落としたものの、そこから第2、3ゲームを取り返して逆転勝利。2回戦に駒を進めた。髙橋は中国の新鋭選手を2-1で下したほか、大堀はサイナ・ネワール(インド)を2-0で退けて1回戦を突破している。

男子ダブルスは、保木卓朗/小林優吾が中国の譚強(タン・チアン)/何濟庭(ヘ・ジティン)を13本、10本で制して2回戦に進出。古賀輝(上写真・手前)/齋藤太一と竹内義憲/松居圭一郎の日本ペア対決は、60分の激闘の末、古賀/齋藤に軍配があがった。

女子ダブルスは、ユーバー杯でもペアを組んで出場した福島由紀/東野有紗(上写真・手前)が2-0でインドネシアの若手ペアに快勝。志田千陽/松山奈未は試合途中でキケンとなり、初戦を突破ならず。男子シングルスの西本拳太は、香港のエース伍家朗(ン・カロン)に20-22、19-21の接戦で敗戦。2回戦進出はならなかった。

海外勢では男子ダブルスのセティアワン/アッサン(インドネシア)、女子シングルスのラチャノック・インタノン(タイ)が初戦敗退。

日本選手の2日目の結果、次戦以降の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

▼1回戦(10月20日)

西本拳太●0〔20−22、19−21〕②伍家朗(香港)52分

▼2回戦(10月21日)

桃田賢斗 − スリカンス・キダムビ(インド)

常山幹太 − ジョナタン・クリスティ(インドネシア)

【女子シングルス】

▼1回戦(10月20日)

大堀彩②〔21−16、21−14〕0●サイナ・ネワール(インド)34分

髙橋沙也加②〔15−21、21−18、21−16〕1●韓悦(中国)53分

山口茜②〔21−23、21−16、21−9〕1●リーネ・フォウマーク・カエスフェルト(デンマーク)57分

▼2回戦(10月21日)

髙橋沙也加 − 何冰嬌(中国)

大堀彩 − ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)

山口茜 − グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(インドネシア)

大堀彩はインドのサイナ・ネワールを2-0のストレートで撃破

【男子ダブルス】

▼1回戦(10月20日)

古賀輝/齋藤太一②〔21−18、19−21、21−14〕1●竹内義憲/松居圭一郎60分

保木卓朗/小林優吾②〔21−13、21−10〕0●譚強/何濟庭(中国)25分

▼2回戦(10月21日)

古賀輝/齋藤太一 − A・チア/ソー・WY(マレーシア)

保木卓朗/小林優吾 − 王齊麟/李洋(台湾)

保木(左)/小林は中国ペアに快勝。2回戦は五輪金メダリストの台湾ペアに挑戦

【女子ダブルス】

▼1回戦(10月20日)

福島由紀/東野有紗②〔21−14、21−17〕0●ラマダハンティ/スギアルト(インドネシア)44分

志田千陽/松山奈未●〔7−4、キケン〕○ファン・デル・アール/チルトセントーノ(オランダ)

▼2回戦(10月21日)

福島由紀/東野有紗 − 金昭英/孔熙容(韓国)

【混合ダブルス】

▼2回戦(10月21日)

渡辺勇大/東野有紗 − リバルディ/メンタリ(インドネシア)

※対戦カードは21日の0:30現在。対戦相手の未定は決定後に更新予定

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/21
■関連キーワード

               

人気記事ランキング