【ト杯ユ杯2020】「1-1の場面で回ってきて、勝ちきれなかったのが悔しい」(常山)選手コメント/トマス杯

10月16日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)8日目は、トマス杯の準決勝、ユーバー杯の決勝が行なわれた。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

第1シングルス
桃田賢斗(相手の途中棄権で勝利)

スディルマン杯の決勝で負けた相手。次は絶対に勝つんだという強い気持ちで挑めたことがよかったと思います。第1ゲームの出だしは、すごくいいリズムで入ることができました。終盤に競ったところでは技術ではなくて、しっかり足を動かして、相手の球を一球でも返そうという執念が勝っていたのかなと思います。

(20-5での途中棄権には)相手はなぜ棄権したのかわからないけど、ケガでなければいいなと思います。できれば(最後の)1本を取りたかったけど、チームに大事な1ポイントをもたらすことができたので、そこに執着はないです。

第1ダブルス
保木卓朗(左)/渡辺勇大
(1-2で敗戦)

保木 2ゲーム目はいい形で取れましたが、3ゲーム目の入りで少し離されてしまい、そこがもったいなかったです。11の場面で追いつくことができて、そこで2、3点、自分たちがもう一回リードできれば最後の展開が大きく変わったかもしれないので、そこが残念でした。

(ス杯での敗戦を受けて)スディルマン杯決勝では自分が前に入ることを焦ってしまって、その上を抜かれることが何回かありました。そこを今日の試合では自分が前に出すぎずに、相手の球を待ってから処理して、前に入ることを意識してました。でも、タフなゲームとなって、相手のほうが決める力が少し高かったかなと。それが今日の差かなと思います。

渡辺 どんなペアと組んでもこだわるのは勝つこと。その中で(結果は)紙一重だった思います。(桃田選手が勝った後でプレッシャーはあったか?)それはまったくなくて、相手の中国ペアのほうがプレッシャーを感じていたと思います。

第2シングルス
常山幹太(0-2で敗戦)

(敗戦は)自分のプレーができなかったのが一番です。1-1の場面で回ってきて、勝ちきれなかったのが悔しい。自分の勝ち負けが、チームが勝つ負けるかにつながる大事な場面で、どうしても力んだというか、緊張が強かった。その中で自分のプレーができず、相手の好きなようにプレーさせてしまった。そこはしっかり修正して、次頑張っていきたいと思います。

第2ダブルス
古賀輝(左)/齋藤太一
(0-2で敗戦)

古賀 (第1ゲームについて)1ゲーム目はお互いが後ろに入った時、ハーフがあいてしまって、相手にゲームをコントロールされて、こちらが落とした球をミスしてしまったり、簡単に上げて打ち抜かれてしまったりというのが1ゲームの点差になったと思います。

2ゲーム目はハーフをあけないように、どちらが前に入ってもプレッシャーを与えるつもりで対応しました。(1-2の状況で回ったことは)自分たちが負けたらチームの負けにつながるけど、そこは気にせずに、自分たちが勝って次の西本につなげたい気持ちでした。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/17
■関連キーワード

               

人気記事ランキング