【ト杯ユ杯2020】「いい流れができていたので、そこを崩すわけにはいかなかった」(常山)選手コメント/6日目トマス杯

10月14日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)6日目は、トマス杯の予選リーグとユーバー杯の決勝トーナメント・準々決勝が行なわれた。ここでは、トマス杯の予選リーグ・マレーシア戦を戦った選手たちのコメントを紹介する。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

第1シングルス
桃田賢斗(2-1で勝利)

(接戦での勝利)自分にとってもいい経験になったし、チームにとっても大きい1勝をあげることができたと思います。(コンディションや会場について)体調も特に問題ないですし、会場もやりにくさもなく、きれいなのでやりやすいです。(シャトルの飛びについては)相手のスマッシュが速かったので、そんなに飛ばないというわけではないです。

第1ダブルス
保木卓朗(左)/小林優吾
(2-0で勝利)

小林 相手選手とはスディルマン杯で2回対戦しているので、あちらも研究してきたし、こちらも研究してのやり合い。苦しい試合を想定したけど、結果的には点数を抑えられたので、そこはよかったかなと思います。

保木 (前の試合との違い)自分たちのサービスを打った後の対応が、前回は相手がやわらかい球でネット前に落としたり、サイドにちらしてきたりしたけど、今回は強めの球で押してくる感じでした。そこが違ったかなと思います。

桃田先輩が苦しいゲームで勝ちきってくれたので、自分たちも負けないように、とにかく声を出しました。(試合前は)先輩の勝ち負けはあまり意識せず、自分たちのプレーを出しきろうと思っていました。

第2シングルス
常山幹太(2-0で勝利)

2-0でまわってきましたが、チーム的にもいい流れができていたので、そこを崩すわけにはいかなかった。自分が3-0でつなげることができてよかったです。相手との対戦は3年前くらいでしたが、相手の得意なショットがわかっていたし、しっかり自分の得意なプレーができればと勝てると思っていました。そこを出せたことで、勝つことができたかなと思います。状態はカナダ戦よりよくなっているので、明日も今日のような動きができればと思います。

第2ダブルス
古賀輝(左)/渡辺勇大
(2-0で勝利)

渡辺 自分たちは常に次に向けての準備をしているし、一日一日しっかり集中するようにしています。(ペアの感覚は?)よくなっています。

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/14
■関連キーワード

               

人気記事ランキング