【ト杯ユ杯2020】リーグ2連勝のインドネシア、台湾、韓国らが決勝トーナメント進出に大きく前進!<3日目結果/ユーバー杯>

10月11日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)3日目は、男女各予選リーグが行なわれた。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

【ユーバー杯】

グループAは日本がドイツを5-0で下し、2つ目の白星を獲得。同組のインドネシアも、トップシングルスのグレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(上写真)、第1ダブルスで後輩と組んだラハユらが勝利をおさめ、フランスを4-1で制した。リーグ2連勝の日本とインドネシアが、決勝トーナメントの切符を手にしている。

グループCは台湾と韓国が2連勝。台湾は格下のタヒチ、韓国はエジプトをそれぞれ5-0で制するなど、危なげない戦いぶりでリーグ突破を確定させた。グループDはカナダとマレーシアが対戦し、カナダが4-1で勝利。マレーシアはスディルマン杯・ベスト4の勢いで白星をつかみたかったが、軸となる選手がおらずリーグ3連敗。大きな課題を残してユーバー杯を終えている。

韓国は金昭英(手前)/孔熙容らがきっちり白星をつかみ、リーグ2連勝を飾った

11日の結果は以下の通り。

■予選リーグ(11日の結果)

▼グループA

インドネシア(2勝)4−1 フランス(2敗)

日本(2勝)5−0 ドイツ(2敗)

▼グループC

台湾(2勝)5−0 タヒチ(2敗)

韓国(2勝)5−0 エジプト(2敗)

▼グループD

カナダ(1勝2敗)4−1 マレーシア(3敗)

■予選リーグ(12日の対戦カード)

▼グループA

日本(2勝)− インドネシア(2勝)

ドイツ(2敗)− フランス(2敗)

▼グループB

タイ(1勝)− スペイン(1敗)

インド(1勝)− スコットランド(1敗)

▼グループD

中国(2勝)− デンマーク(2勝)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/12
■関連キーワード

               

人気記事ランキング