【ト杯ユ杯2020】中国、インドがリーグ初戦を白星で飾る!<2日目/トマス杯>

10月10日に開催された世界国・地域別男女対抗戦トマス杯・ユーバー杯(デンマーク・オーフス)2日目は、男女各予選リーグが行なわれた。

ト杯ユ杯の記事一覧は こちら

日本の試合予定一覧は こちら

スディルマン杯の結果は こちら

▼放送予定

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!!

【トマス杯】

3試合が行なわれたトマス杯。グループDは日本がカナダに4-1で勝利。2試合が実施されたグループCは、インドがオランダに5-0で快勝。スリカンス・キダムビ、サイ・プラニース・B、シェティ/ランキレッディらチームの主軸が2-0で勝利をつかみ、チームに貢献した。

タヒチと対戦した優勝候補の中国は、第1シングルスの石宇奇(シー・ユーチー)を温存する中、陸光祖(ルゥ・グァンズ/上写真)、李詩灃(リ・シフェン)らがきっちり白星を獲得。チームに勢いをつけると、スディルマン杯にも出場した第1ダブルスの譚強(タン・チャン)/何濟庭(へ・ジティン)らも勝利を飾り、中国が5-0で圧倒した。

10日の結果は以下の通り。

■予選リーグ(10日の結果)

▼グループC

インド(1勝)5–0 オランダ(1敗)

中国(1勝)5–0 タヒチ(1敗)

▼グループD

日本(1勝) 4–1 カナダ(1敗)

■予選リーグ(11日の対戦カード)

▼グループA

インドネシア(1勝) − タイ(1勝)

台湾(1敗)− アルジェリア(1敗)

▼グループB

韓国(1勝)− フランス(1敗)

デンマーク(1勝)− ドイツ(1敗)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/10/11
■関連キーワード

               

人気記事ランキング