【スディルマン杯2021】中国、デンマーク、インドネシアらが連勝!決勝トーナメント進出を決める!<2日目結果−2>

9月27日に開催された世界国・地域別男女混合団体戦スディルマン杯(フィンランド・ヴァンター)2日目は、予選リーグが行なわれた。グループDの日本は、初戦のエジプトを5-0で快勝。そのほかの強豪国も、順当に白星を手にしている。

結果・コメントの一覧は こちら

大会の模様は
CSテレ朝チャンネル2で連日放送!

グループAに入っている前回優勝の中国は、インドを5-0で退けてリーグ2連勝。男子シングルスの石宇奇(シー・ユーチー/上写真)や女子シングルスの陳雨菲らが勝利し、リーグ突破を確実なものにした。同じくグループAのタイも、地元フィンランドを下して2つ目の白星を獲得。こちらも決勝トーナメント進出を決めている。

デンマーク、インドネシア、ロシアが入ったグループCは、デンマークがロシアに4-1で勝利。混合ダブルスはロシアが制したものの、それ以降は東京五輪男子シングルス金メダリスト・ビクター・アクセルセン(上写真)らがきっちり勝利をつかみ、チームの2勝目に貢献した。

インドネシアはカナダを相手に白星をつかんだものの、男子シングルスのジョナタン・クリスティが星を落とすなどして3-2での辛勝。デンマーク、インドネシアがともに2勝目を手にしたことから、残り1試合を残して決勝トーナメント進出を確定させている。

グループDで日本と同組にいるマレーシアとイングランドの試合は、マレーシアが3-2でイングランドを制し白星発進。イングランドは28日に日本と、マレーシアはエジプトと対戦する。

27日の結果は以下の通り。

▼予選リーグ(27日の結果)

【グループA】

中国(2勝)5-0 インド(2敗)

タイ(2勝)5-0 フィンランド(2敗)

【グループC】

デンマーク(2勝)4-1 ロシア(2敗)

インドネシア(2勝)3-2 カナダ(2敗)

インドネシアの女子ダブルスには東京五輪金メダリストのポリイ(左)/ラハユが登場。五輪女王の貫禄を見せて16本、10本で制した

【グループD】

日本(1勝)5-0 エジプト(1敗)

マレーシア(1勝)3-2 イングランド(1敗)

▼予選リーグ(27日の対戦カード)

【グループB】

台湾(1勝)− ドイツ(1敗)

韓国(1勝)− タヒチ(1敗)

【グループD】

日本(1勝) − イングランド(1敗)

マレーシア(1勝) − エジプト(1敗)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/09/28

人気記事ランキング