【東京五輪】混合ダブルスは香港ペアがベスト4進出! 女子シングルスは世界ランク上位が順当に決勝Tへ!<5日目レポート-1>

7月28日に開催されている東京オリンピック・バドミントン競技(武蔵野の森 総合スポーツプラザ)5日目は、デイセッションで混合ダブルスの準々決勝、女子シングルスの予選リーグを実施した。混合ダブルスは日本の渡辺勇大/東野有紗のほか、中国の世界ランク1、2位ペアが準決勝に進出。女子シングルスはトップランカーたちが順当に予選リーグを突破し、決勝トーナメントに勝ち進んでいる。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

混合ダブルスの決勝トーナメント・準々決勝は、世界王者の鄭思維(ツェン・シーウェイ)/黄雅瓊(ファン・ヤーチョン)が、C組2位のジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)を17本、15本で破り、早々とベスト4進出を決めた。その世界王者と準決勝でぶつかるのは、世界ランク13位の鄧俊文(タン・チュンマン/上写真・左)/謝影雪(ツェ・イエンスエット/香港)。こちらは準々決勝でイギリスのエリス/スミスを2-0で退け、五輪初のベスト4入りを決めている。

逆の山では日本の渡辺勇大/東野有紗が、世界ランク2位のデチャポル/サプシリー(タイ)を2-1で制し、日本ペアとして同種目初の4強進出。準決勝では、これまで何度も苦杯を喫している中国の王懿律(ワン・イーリュ)/黄東萍(ファン・ドンピン)と、決勝戦をかけて激突する。

予選リーグの最終試合を行なった女子シングルスは、日本の山口茜、奥原希望が順当に勝利。決勝トーナメント進出を決めている。このほか、中国のエース、陳雨菲(チェン・ユーフェイ)や、2016年リオ五輪の銀メダリスト、プサルラ・V.シンドゥ(インド)など、優勝候補たちがしっかり白星をつかんで予選リーグを突破。2013年世界女王のラチャノック・インタノン(タイ)は、マレーシア選手に第1ゲームを奪われる展開となったが、後半にしっかり巻き返し、逆転勝利でリーグ1位通過を決めている。

7月28日のデイセッションの結果は以下の通り。

【混合ダブルス】

▼準々決勝(7月28日)

鄭思維/黄雅瓊(中国)②〔21−17、21−15〕0●ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)35分

渡辺勇大/東野有紗(日本)②〔15−21、21−16、21−14〕1●デチャポル/サプシリー(タイ)67分

鄧俊文/謝影雪(香港)②〔21−13、21−18〕0●エリス/スミス(イギリス)43分

王懿律/黄東萍(中国)②〔21−9、21−16〕0●徐承宰/蔡侑玎(韓国)39分

▼準決勝(7月29日)

鄭思維/黄雅瓊 − 鄧俊文/謝影雪

王懿律/黄東萍 − 渡辺勇大/東野有紗

【女子シングルス】

▼予選リーグ(7月28日)

山口茜(日本)②〔21−9、21−18〕0●カースティ・ギルモア(イギリス)36分

戴資穎(台湾)②〔21−10、21−13〕0●チー・シュェフイ(フランス)25分

金ガユン(韓国)②〔21−13、21−14〕0●イェオ・ジャミン(シンガポール)30分

グエン・トゥイ・リン(ベトナム)②〔21−8、21−17〕0●サブリナ・ヤクエット(スイス)33分

グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(インドネシア)②〔21−11、21−17〕0●リアン・タン(ベルギー)42分

ミア・ブリックフェルト(デンマーク)②〔21−10、21−3〕0●リンダ・ゼトチリ(ブルガリア)29分

奥原希望(日本)②〔21−6、21−16〕0●エフゲニア・コセツカヤ(ロシア)36分

ベイウェン・ツァン(アメリカ)②〔21−9、21−10〕0●ファビアナ・シルバ(ブラジル)27分

何冰嬌(中国)②〔21−11、21−3〕0●ソラヤ・アガジ・ハジアガ(イラン)27分

プサルラ・V.シンドゥ(インド)②〔21−9、21−16〕0●張雁宜(香港)36分

ミシェル・リー(カナダ)②〔21−18、21−16〕0●マルティナ・レピスカ(スロバキア)31分

ラチャノック・インタノン(タイ)②〔19−21、21−18、21−10〕1●ソニア・チア(マレーシア)62分

陳雨菲(中国)②〔21−14、21−9〕0●ネスリハン・イギット(トルコ)37分

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/Getty Images

投稿日:2021/07/28
■関連キーワード

            

人気記事ランキング